加藤進@北海道函館市の日記(ブログ)
Language :

借金の考え方。

飲み屋さんで働く女性スタッフは月収100万円の人もいるらしい。
身体を売るわけじゃないよ。お酒を一緒に飲んであげたり、仕事に出る前や仕事が終わった後に、お食事に付き合ったりするだけ。容姿の美しい人っていうのが条件になるかもね。
20歳でその道に入ったAさんとBさんがいました。二人とも容姿にコンプレックスがありました。
美人になる手術には240万円がかかります。
Aさんはすぐに借金をして手術をし、毎月2万円を20年間で返済していきました。
Bさんは240万円の貯金をつくるために20年間がんばりました。
Bさんも40歳になって、やっと手術を受けることができたそうです。
ね? 借金するってすごいでしょ?
え? 例えがわるい? あ、そうかもね・・・。
借金とは時間を買うことなんだ。3%未満の利息なんて無いに等しいよ。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

The 労働者

この世界には資本家と労働者っていう明確な区分けがある。

労働者が居ないと、世の中は成り立たない。

コック、ウエイトレス、船長、船乗り、映画上映技師、パイロット、客室乗務員、ホテルのフロントスタッフ、清掃係、電車の運転手、車掌、などなど、みーんな労働者で、彼らが居ないと資本家たちの贅沢三昧は成り立たない。
だから学校教育では優れた労働者になるための学習をさせて、資本家になる道は教えないようにしているんだな。
労働者は一生懸命働いて金を貯めて子どもに教育を与え、労働者に育て上げる。
子どもを資本家にしたければ、独自の教育を与えないとならない。
そーゆーことだな。
posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

【裕福な人の居るところ】

グリーン車?

グランクラス?

空港ラウンジ?

ビジネスクラス?

ファーストクラス?

相撲の桟敷席?

歌舞伎座?

その最高峰はやっぱり船の旅、クルーズだと思う。電話もネットも繋がらなくても、全然平気で、急いでなくって、目的地なんて、そんなに意味がなくって、ただゆったりと流れる時間を楽しむ。あれが、俺の知る究極だな。

今年もクルーズ行きたい。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

r>g

フランスの経済学者、トマピケティが『21世紀の資本』の中で言っているのは、
r>g
ってことだ。6000円もする本で、とても分厚い本で、正直、俺は買わなかったし、読まなかったけど、どうやらそういうことらしい。すごく読まれてるけど、理解できてる人っているかな?
r>g
深いわ。
今日、ミスドで、うちの長男(中学2年生)にレクチャーした。
中卒で働いてもらいたい。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

2018年の目標

1月1日には作ってたんだけど、公表してなかった。
1、カプセルホテル函館を軌道にのせる。
2、アトム不動産の法人化
3、高利回り物件を増やす(今年は無理かな・・・)
4、PTに関する学習
5、PTの準備にはいる
6、英語の学習をする
7、サルサ、アルゼンチンタンゴ、社交ダンス、踊る
8、スノーボード、やる。
9、早期退職に向けた準備
10、より自由な環境を手に入れる

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

お金と時間のある人たち

8泊9日のクルーズに行ってきた。

1番衝撃を受けたのは、俺に年齢が近いと思われる女性の言葉だ。
「ほら、お金って放っておいてもどんどん増えちゃうでしょ? だから、毎回の地球一周クルーズに申し込んでるのよ。クルーズの代金も経費になるの。あと、1月1日に住民票を日本に置かないことね。それで、住民税も無くなるし、所得税も軽減できるわ」
俺がなんとなく展望しているPT(パーマネント トラベラー)を実際にやってる人がいた。
クルーズの参加者は圧倒的にお年寄りだ。山ほどの時間と山ほどのお金がある人たち。しかも、インターネットや携帯電話が繋がらなくても平気な人たち。話を聴くと、何度も何度もクルーズに行ってる。
とても羨ましく思った。
ただ、彼ら、幸せには見えなかった。
幸せって? 何だ?
クルーズはその答えじゃなかった。
また、俺の幸せ探しの旅が始まるな。
posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

2017年の10大ニュース

今年もあと3時間で終わろうとしています。私は今、台湾の台北駅のWi-Fiを使ってこれを書いています。時差があるので年越しは4時間後です。

日本のみなさんよりも1時間長く2017年を過ごします。てへ。
では、今年の10大ニュース、いきます。
1、カプセルホテル函館をオープン。
2、野党統一で逢坂誠二さんを国会に送った。
3、アパートを3棟売却。
4、赤字決算なのに社員に決算手当を支給。
5、有限会社みのりに副社長を迎えた。
6、5月から一人暮らしを始めた。
7、ピースボート8泊9日のクルーズを体験中。
8、サルサを始めた。
9、スノーボードを始めた。
10、芸能人とデートした。
こうして振り返ってみると、やっぱりやりたい放題の一年でした。
健やかに成長する3人の子どもたち、私に迷惑をかけない両親、有限会社みのりと株式会社青いぽすとを全力で支える取締役のみなさん、自らの生活と会社のために働く両社社員のみなさんと、それを支える社員のご家族のみなさん、私の法人、個人にお金を貸してくれる金融機関のみなさん、取引先のみなさん、それに、私を幸せにしてくれる人、本当にありがとう。今年も過去最高の一年であったと言えます。
2018年が私とつながるすべての人にとって過去最高の年となるよう心から願います。
じゃ、またね。
posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

条件付きいい人

100人以上の社員がいれば、ダメなところが目立つ社員もいる。同僚社員からクレームが上がってくる。

「〇〇がダメ、△△もダメ、□□もダメ。あんな社員をどうして雇ってるんですか?」
「あいつはね、本当にダメだよね。うん。わかるよ。でもね、あいつ、ああ見えてね、ダメなところを除くと、結構いい奴なんだよ」
うーん。ステキな屁理屈だな。
posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

親孝行

中学生のころ、「親孝行、したくないのに 親がいる」なんて生意気な事を思ってた。

親の干渉がうるさくて、高校から下宿した。
それでも親の干渉がうるさくて沖縄の大学に行った。
反抗期は6歳くらいから42年間続いている。
しかし、親がいなければ、親が決断してくれなければ、私は存在していない。
親が愛と金をかけてくれなければ、今の私は存在していない。
商売だけはするな。借金だけはするな。そう育ててくれたから、生涯反抗期な私は経営者になれたし5億もの借金ができた。
同世代の人の親はそろそろ旅立ち始めている。私の両親は元気いっぱい。健康に人生を楽しんでいる。
そろそろ親孝行しないとな。間に合わなくなるからな。意識しておこう。
posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

経営者の資質

経営者のくせに、出来ない理由をいくらでも並べられる天才がいる。

その人の会社は発展しない事が約束されている。
posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)
加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • 有限会社みのり 代表取締役社長
  • ホテル シャローム・イン2 オーナー
  • カプセルホテル函館 オーナー経営者

カレンダー

2019年11月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク