加藤進@永遠の旅行者
Language :

【Similan Islands 1/4】

〈今日からこれ〉

〈チェックアウト〉

昨夜は久しぶりに8時間近く寝た。ゆっくりパッキングして忘れ物を何度も確認して、期限の12時にチェックアウトした。静かでいい滞在だった。大きな荷物は夜7時まで預かってもらうことにした。

〈手紙〉

チェックアウト直後、ホテルの隣のカフェで手紙を書く。その後、ポストオフィスに行って投函できた。手紙という文化はいつまで残るだろうなぁ?

〈ソンクラン〉

ソンクラン(タイのお正月)は明日からだと思って油断していたら、すでに始まっていた。たぶん、待ちきれない人たちがソンクランイヴを楽しんでるのだろう。少し水をかけられて嬉しかった。至る所で水鉄砲が売られ、大の大人が水鉄砲を抱えて歩く。最高に平和で全ての参加者が主人公な祭り。しかも、主人公になるための練習も不要だ。しかし、大きな水鉄砲が1000バーツ(4000円)という声が聞こえてきた。

〈持て余す時間〉

今日は夜9時にプーケット空港で待ち合わせだ。19:20パトンビーチ発のバスで行く予定。あと5時間の暇つぶしが必要だ。そこでビーチ沿いのベッドを借りてみた。100バーツだけど、読書しながら5時間過ごす。これで時間短歌的に安くなる。

〈日本が世界に輸出した言葉〉

〈楽天モバイル〉

楽天モバイルは俺のために開発されたような気がする。世界中、ほとんどの国で2GBが毎月無料で使える。先月末は台湾にいて、その2GBを使い切らなかった。今月はタイにいるけど、今日までの12日間で0.5GBしか使っていない。しかも、日本国内においては20GBまで1980円だが、3GB未満しか使わなければ980円だ。4月は1度も日本に行かないので、基本料金980円が確定している。さらにすごいのは、海外でも1GBあたりたったの500円で使える。これは激安だ。ポケットWi-Fiを持ち歩く煩わしさ、SIMカードを買って、アクティベートする煩わしさを考えると、この上ない。日本と同じ設定で使える。楽天モバイルにはいついつまでも、俺のためにサービスを続けてほしい。

〈ラオス〉

ラオスではSIMカードが必要そうだ。約13日間滞在するんだよなぁ。めんどくさ。楽天モバイル、がんばれ!

〈2時のおやつ〉

味はとても美味しかった。

〈違いは何か?〉

すぐ目の前に座っているこのおじさんには「パラセーリングしないか?」「何か飲み物や食べ物はいらないか?」「ジェットスキーしないか?」と頻繁に声がかかるのに、俺には誰も声をかけて来ない。なんだろうな?ここで働くスタッフが休憩してるとでも思ってるのかな?

〈結局オーダー〉

キウイジュース。砂糖抜きで。美味しかった。果肉もいっぱい。150バーツ。

〈垣谷美雨〉

この作家にハマっている。とても面白い。作家ってどんだけ頭がいいんだろうなぁ。この想像力と表現力。ビビってる。

〈嫌な予感→大正解〉

ホテルに荷物を取りに戻る途中、全身を水浸しにされた。もう、町中が我慢できない様子だった。パトンビーチのバス停からプーケット空港までは約1時間と聞いていたので、21時待ち合わせなら19:20発で行っても30分以上あるぞ…って考えていたけど、万が一ってこともあるので、その前の18:50発に変更した。プーケット空港到着は20:45だった。

〈空港でみなさんと合流〉

このあと、どうなるのか不明なので、とりあえず空港のWi-Fiで投稿しちゃいます。

以上

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

【Phuket 4/4】

〈マッサージ屋のルールがあった〉

昨夜は安心してフットマッサージを受けたわけだが、ふと見ると、明確だけど怪しいステッカーが貼ってある。そのステッカーがあるお店は表のマッサージ屋さんで、そのステッカーが無ければ裏のマッサージ屋さんなんだって。明確な区分けがあるんだね。で、私は前回、ステッカーのないお店に入って、「そんなサービスいらんから」って言って問題になった(笑) そう、笑える話だ(笑) だから、今夜も安心できるお店にリピートする約束した。

〈両替〉

600USD×36.2THBの両替した。

〈円安〉

激しく進んだね。

〈Phi Phi island 1 day tour〉

行ってきた。これだけたくさんいて、1人で参加してるのは俺だけだった。一人ぼっちの寂しさと2人以上の煩わしさを天秤にかけた時…ま、いっか。

〈ピピ島のトイレ〉

一回30バーツ=120円

〈ランチ〉

〈合理的な船外機〉

〈来年の4月1日のネタ〉

Phi Phi islandからプーケットに戻る船の中で、もう思いついちゃった。すごいやつ。あと、11ヶ月、待ちきれない…。でも、制作にも時間とお金がかかりそう。

〈タイで人気なのかな〉

OLD MAN。言われたら嫌だけど。実はタイではおじさんがモテるとか!

〈仕上がってきた〉

オーダーメイドのスーツ、作らせたんだ。間に合った。お披露目はいつになるかなぁ?(笑)

〈マッサージ〉

昨日の店で安心な全身オイルマッサージを受けていい気分!

以上。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

【Phuket 3/4】

〈昼のおやつ〉

〈心配事〉

タイの神様の血糖値。

〈あなたはこの値段で遊べますか?〉

日本円にすると30分6000円、60分12000円。世界はこれを標準とするんだよね。

〈今日の夕日〉

〈ZUMBAに参加〉

ものすごく楽しかった。観光客もいっぱいまわりを取り囲んで。男は俺1人だけが参加してた(笑)全身汗だくで、最後まで頑張ろうと思ったけど、断念した。俺はZUMBA中に水分を取らない人で、倒れるかと思った。

〈水〉

セブンイレブンブランドの水。13バーツ=52円。1.5Lね。

〈大麻屋さん〉

この緑の紅葉のような葉が大麻屋さんのトレードマークだ。そして、この写真にあるショップは売るだけじゃなく、まるで喫茶のように喫煙ができる場所。大麻吸い放題。俺は吸わないよ。吸う理由がないし、100まで生きるから。

〈説得されそうな店名〉

見つけた。あ、これ、外国人の読者には通じないです。ごめんなさい。

〈マッサージ〉

ひどいネーミングのマッサージ屋を見つけた。値段を見に行ったらフットマッサージ200バーツ。予算250バーツ+チップ50で考えてたから安すぎる。おじさんがマッサージするのなら嫌だなって思ったけど、担当するのは女性のようだ。受けたいと言ったら40分待ちってことで、予約して(本当に予約できたのか不安)からホテルのWi-Fiでこのブログ書いてます。日本時間の午前0時から私のフットマッサージ…あくまでも、「フット」(笑)

〈発達した資本主義社会について〉

今日は夕食を食べながら資本主義について考えた。夕食のレストランには俺1人しかいなくて、それでも店員が5人もいるんだよね。フィリピンもそうだけど、きっと労働者の賃金が安いんだね。それで、全員がずーっとスマホ見てるの。スマホがない時代はどうしてたんだろうね。日本のレストランだと勤務中はスマホ禁止だよね。あ、ちょっと脱線した。まあ、そのうち、大論文にしようと思うんだけどね、発達した資本主義社会の特徴は「あきらめ」だという結論になった。発達中(高度成長中)の資本主義は「アメリカンドリーム」とか「頑張れば報われる」とか、「目の前にニンジンぶら下げて」とかが通用したけど、発達しすぎた資本主義は「どんなに頑張っても報われない社会」なんだよ。構造的に。アスペの人が間違って成功することもあるけど、標準的な人はどんどんあきらめていく社会なんだな。たぶん、かのマルクスもそこまではわからなかったはず。彼は発達しすぎた資本主義を知らないからね。「あれ?俺、マルクス超えたんじゃね?」って思ったタイの夜。

以上

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

【Phuket 2/4】

〈アプリの1日〉

全日空のアプリは日本国内での移動だけを想定して作られている。だから、世界中どこにいても、日本時間で締め切られる。語学学習アプリのDuolingoは世界中、どこで使っても、「その国の1日」でカウントされる。俺は朝6時以降と夜6時以降におよそ30分ずつ、毎日勉強するので、時差がある国に行ってもすぐにルーティンが確立して助かってる。

〈洗濯〉

実は洗濯物溜めてた。Nの世界に洗濯って無かったから。やはり、Nの世界はいいなぁ。服を選ぶ必要もないし、洗濯も不要。いつでも「素の自分」ってことだよね。ま、それはさておき、海外でコインランドリー使ったの初めてだ。30分洗剤込みで100バーツだった。俺のホテルの隣のブロックなので、とても便利だった。乾燥機にはかけないよ。お金ないから。部屋に干す。

〈モーニングコーヒー〉

俺のホテルの隣が軽食屋だった。ブラックアイスコーヒーを確認したら70バーツだった。買った。

〈事件〉

たぶん、これ、事件性あるよね。明日、決済日なんだよ。1日で650万円が飛ぶってなに?!これね、詐欺じゃないのさ。本当に使ってるし、本当に引き落とされるの。この日に向けて、母・函館商工信用組合をはじめ、多方面からの協力を得ました。3月はそれで忙しかった。ご協力いただいたみなさんには、感謝以外にもたくさんあります!(笑)

〈パトンピーチ〉

なんて言うか、女性のみなさんはほとんどNに近い水着です。シュノーケリングしてみたけど、どこまで行っても砂嵐で魚1匹見れなかった。無難そうな写真あげときます。

〈豪華クルーズ船〉

いた。

〈高級珈琲店〉

外の暑さに耐えられず、思いっきりクーラーで冷えていそうな高級珈琲店に向かった。「よし、100バーツ以下ならアイスコーヒー飲むぞ」と予算を決めて入店した。100バーツとは400円のこと。残念ながら100バーツ以下の飲み物はなかった。しばらく行列に並んで、しっかり冷えてから外に出た。

〈最安値マッサージ店みつけた〉

〈神様たち〉

世界中どこにいっても、神様セットには金がかかっている。手前がタイの、向こうに見えるのは中国の神様だな。俺専属の神様はどんな箱もどんなお布施もいらないから、本当に謙虚だ。本当の神様ってそんなだと思う。

〈今日の花〉

可憐に咲く蓮を見つけた。本当に美しいと思う。この花だけでいくつかの花言葉があるのだが、俺が好きなのは「離れゆく愛」。それをテーマにした絵画まで持ってる。

〈夕日鑑賞〉

昼のビーチでバリバリ海苔のお菓子を食べてるお姉さんがいて、その人、みるみる一袋食べたんだよね。どーしても同じの食べたくて、夕日観賞用に買った。39バーツ。あと、ありえない緑色のコーラも買ってみた。赤いきつねと緑の…みたいな色の組み合わせ。成分表、全く意味がわからなかった。本題に戻るが、美しい夕日が見れてよかった。

〈安いものには裏がある〉

夕日が暮れてから、前述したマッサージ店に行ってきた。240バーツのタイマッサージを頼んだ。めちゃくちゃ上手なんだけど、少しマッサージのポイントに偏りを感じていた。そして、「スペシャルマッサージ」を提案してきた。説明はしないよ。断るのがとても大変だった。価格の話なんか一つもしてないのに、2000バーツ、1500バーツ、740バーツ、そこで諦めてくれた。猛烈に険悪なムードで、折角の心身のリラックスが台無しになった。チップなんか1バーツも渡したくなかったが、相当期待を外したみたいで可哀想なので300渡して釣りはいーぜって言ってやった。パタヤでのマッサージは全然そんな目に合わなかったんだけどな。全身マッサージは個室になるから、プーケットではフットマッサージだけにしよーと思う。フットマッサージ、もっと安いし。

〈夕食〉

夜市みたいなところで買ってきた。120バーツ。全部揚げ物なので飽きた。半分で限界。

〈フルーツ〉

マンゴー4個とパッションフルーツ6個。150バーツ。これから切って食べるけど、もうすぐ日本は日付が変わるので、食べるところは投稿しません。

以上

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

【Phuket 1/4】

〈チェックアウトの日〉

いよいよ、ここでの滞在も今日の正午までとなった。一度も雨が降らず、連日最高の天気だった。11:00までプールサイド。それからシャワーして、髪洗って、久しぶりに着衣してチェックアウトして空港に向かう。

〈空港へ〉

Grab(配車アプリ)を使う。30分20kmで300バーツ。1300円。乗り物が安いのは嬉しい。

〈ドンムアン空港〉

LCC(エアアジア タイ)をなめてました。ANAだと23kgなんだよね。航空会社によっては20kg。LCCだから18kgで大丈夫だろうと思ったら、15kgが上限だった。「3kgオーバーなので1500バーツです」って、とても素敵な笑顔で言われた。それ、6000円だから。「ごめん、俺、お金持ちじゃないんだ、パッキングし直すから、時間ください」って言って、待っててもらった。俺のパスポートと航空券が人質。おかげで体重計までもが機内持ち込み荷物に入った。こんな時、これ(写真)が本当に便利!

〈ラウンジでくつろぐ〉

航空券がLCCの時、ANAのダイヤである事や、スターアライアンスのゴールドメンバーであることは意味がない。そんな時に使えるのがプライオリティパス。これがあればLCCでもラウンジでチヤホヤしてもらえる。食べ物(ほとんどタイフード)や飲み物も豊富なので、実はANAのsuite loungeよりも飲食は充実。お金を節約するために14:00過ぎにたくさん食べて、夕食を抜こうかなって検討中。カードは何故か2枚ある。その理由を忘れた。

〈動かなかった4日間〉

滞在を楽しむために、一歩も外に出なかった。かなり代謝が落ちたかもな。

〈事件 上〉

ラウンジを終え、搭乗口に行ったら、「加藤進さん、33番搭乗口に来てください」とアナウンスされる。カウンターに行くと、スタッフが、「バッテリー関係は飛行機に積めないんだよ」と当たり前なことを言っている。「そう、だからこうやって、取り外して、機内持ち込みなんだよ」ってものも見せた。「チェックインタイムは3時だから、それまでにね」と言われる。わざわざ、そんなこと伝えるために放送したの?

〈飛ぶ〉

〈事件 中〉

プーケット空港について、預け荷物のところに向かっていると、素敵な地上係員が「SUSUMU KATO」の看板を持って、待っている。「はい、加藤進です、何か問題がありました?」、「荷物のことで問題が…」とのこと。そのままカウンターに連れて行かれた。なんと!大きな荷物の中のドローンのバッテリーが問題で、俺の大荷物はドンムアン空港に置き去りにされているとのことだった。バッテリーを取り出すためにでかいバッグのパスワードを聞かれたので教えた。すると、スタッフ宛に、ドローンとバッテリーの写真が送られてきて、「これですね」と確認された。

バッテリーはそのままドンムアン空港で4月24日(サムイ島からスワンナプーム空港に到着し、ドンムワン空港に移動)までお預かりとなった。他の荷物はこのあとの飛行機で飛ばしてくれるらしい。夜の9時以降に空港に取りに来るか、800バーツ(3200円)でホテルに届けることもできますと言われた。もちろん取りに来ることにした。電話番号が無いことを伝えたら、窓口のお姉さんとLINE友達になることになった。いーのか?(笑)

〈事件 下〉

空港ロビーでホテル行きのミニバスを待っていると、先ほどのLINE友達からメッセージがきて、「今回の場合は、無料でホテルまで届けます」だって。(もしかしてだけど♪)。「ホテル名を送ってください」(もしかしてだけど♪)。ホテルに着いたら部屋番号教えてください(もしかしてだけど♪)彼女が個人的に届けてくれるんじゃ無いだろうなぁ?!

〈事件 後期〉

つまり、ドンムアンでのアナウンスは「荷物の場所に戻って、バッテリーを抜いてから3時までにここに戻ってきてね」ってことだったんだな。そもそも空港のカウンターで呼び出されるって重大だよな。もっと正確に把握する努力が必要だったな。なんか、久しぶりに面白い経験した。でも、あのでかい荷物にあと2000米ドル(30万円)くらい入ってるんだよな。それ、大丈夫かな…。

〈ミニバス〉

空港からホテルまではミニバスという便利なものを利用した。180バーツだ。

とても便利な値段だが、10人の客を1人ずつホテルで降ろしながらで、俺は最後だった。つまり、90分かかった。

〈プーケット〉

何も見ないうちに夜になった。もうホテルから出ない。

〈今夜の宿〉

〈大変な夜〉

パトンビーチがこんな夜の街だとは知らなかった。

〈間違えた!〉

またやってしまった。衝動買い。荷物になるのに…。

〈夕食〉

〈その後〉

ホテルに戻ったら届いてた。米ドルも無事だった。

以上

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)
加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • アトム不動産 代表

カレンダー

2024年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク