加藤進@北海道函館市の日記(ブログ)
Language :

刑務所の塀の中

11月9日、俺は函館少年刑務所の塀の中に入ってきた。塀の中で行われている受刑者たちによる職業訓練を見学するという機会をいただいた。めっちゃくちゃいっぱい学んできたので、自分のためのメモとしてここに残しておく。だから、みんなは読まなくていいからね。
まず、この少年刑務所だが、少年だけがいるという意味ではない。少年が入ることができるっていう意味だ。実際には20歳から82歳までがいる。あんな狭そうな場所に590人も受刑者がいるんだって。そのうちの約100人が職業訓練を受けているんだって。刑務所の中で職業訓練がされているのは全国で8か所しかなくて、函館はその重要な一つらしい。知らなかった。
作業はね、みんな黙々とやるんだ。お話もできないし、よそ見もダメ。
私が一番驚いたのはお風呂。15分なんだって。残り3分になったら赤いランプで照らされるんだって。
そんな生活が6か月から5年・・・7年くらい続くんだって。
受刑者が刑期を終えて、社会に出たとき、居場所があること=働く場所があることがもっとも重要で、再犯をふせぐために大切なんだって。そりゃそうだよな。
で、俺、2月にこの590人を前に講話をすることになりました。1時間。とても光栄な事だし、何か彼らの未来にプラスになるお話がしたいと思う。
シャバから塀の中に行くには3枚の扉を通過しました。ちゃんと鉄格子だらけでした。お風呂場にも監視する場所がありました。とっても興味はある。刑務所の食事っていうのもしてみたい。でも、やっぱり正式に入るっていう経験はしないほうがいいだろうなって思った。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

経営者

経営者には勤務時間がない。
タイムカードもない。
24時間勤務であり、24時間お休みだ。
ビジネスはゲームだ。リアル人生ゲーム。
だから遊びと仕事の区別がない。
俺はもう、経営者しかできないわ。
posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

登録商標:愛妻弁当

(注意:くだらないので読まなくていいです)
(って言ったら読みたくなるよね(笑))
今朝、荒木さんっていう肝っ玉母さんが、家族(たぶん子どもたち)のために作ったお弁当の写真をFacebookにアップしているのを見て、本当においしそうで、でも私は起業家なので・・・売ったらいくらだろう・・・俺なら1000円以上でも買うな・・・なんて考えてた。
最近のサラリーマン・・・特に男性はコンビニ弁当とか、カップラーメンで暮らしてるよね。しかも結婚できない人たちが若者の半数以上となっている。そんな中で「愛妻弁当」って売れるんじゃないかと思った。もしも商標がとられていなかったら、「愛妻弁当」で標章をとって、駅とか全国の弁当屋で展開しようかって夢が膨らんだ。
でもね、最終的に自分が食べることを想像したときに・・・めっちゃくちゃ冷めたし、醒めた。
さらに深く考えると、これを買おうとするターゲットがいないのだ。
まず、女性は買わない。まったく魅力のないネーミングだ。
既婚男性は買わない。夫婦関係がうまくいっている夫婦は妻以外の人がつくった愛妻弁当はニセだ。
夫婦関係がうまくいっていない男性にとっても、どんなにおいしくても自ら嫌味なお弁当になる。
結婚していない男性にとって・・・、むなしさがただこみ上げるだけである。
そんなわけで、商標の調査もやめた。
ビジネス化って難しいね。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

究極の合理化=社長のリストラ

リストラって言うのは合理化の事だが、日本ではそのまま首切りって言う意味で使われる。3年間で10000人のリストラを‥‥みたいに。
リストラって、もっと正確に考えると経費節減なんだよ。経費節減だから、人件費を減らそうっていう発想。
だったらさ、社長の給料とかボーナスとか退職金とか株主配当とか働かない家族にも給料出したり、そのための積立とかやめればいいのに。
世の社長たちって本当に自分の事しか考えてない。俺が神なら絶対地獄行き確定だな。
posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

商売の極意=常連づくり

ホテルでも、レストランでも、小売店でも、「もう一回来たい」っていうお店じゃないと潰れます。
「もう一回来たい」って思ってもらうことに商売人としての全てをかけなければなりません。
二回来ても三回来ても「もう一回来たい」って思われる商売なら広告しなくてもお客様は来るよ。
お客様をガサって集めたいなら青いぽすとに広告を出せばいいのさ。
でも、そのガサってきたお客様をさらに魅了できなければ、終わります。ポイントカードや割引券じゃなくてさ。魅力を磨いてください。
以上、ここ最近学んだ極意です。
posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

家族の犠牲の上に平和があるかも。

平和活動とか、反原発活動とか、つまり、世界のみんなのために活動する人っている。
そういう人は、家庭を大切にしていないと批判されることがある。家族からも直接の批判を受けているかも知れない。
そして客観的な批判として、「家族を(時に、妻ひとり)大切にできない人が、世界を平和にできるか」なんていう批判がもっともらしく語られる。
家族を大切に、平和にしたところで、4人か5人の幸せって事だよね。しかも、私利私欲の範囲だよね。10人でも100人でも1000人でも、たくさんの人の幸せのために働く方が価値があるって思わない?
まだ、言いたいことあるけど、この辺で。
posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

「普通に生きる」って?

俺、中学校の時、尾崎豊だった。運転の仕方とか、鍵がないのにエンジンをかける方法を知らなかったので、バイクを盗んで走り出したことはないけど、家出は3回。そのうち1回は先生方に探された。夜の校舎で窓ガラスは割らなかったが、昼の校舎で窓ガラスを割ったり、黒板を蹴っ飛ばして穴空けたりしてた。
そんな私に「加藤君、普通に生きるっていうのはとても難しいことで大切なことなんだよ」って諭してくれた先生がいる。とっても優しい女の先生だったけど、その時は、全く意味が分かんなかった。
あれから30余年。
今だに、まったくもって意味わかんないわ。
普通に生きるくらいなら、俺、死ぬわ。
俺の生き方が、俺にとって普通だから。
俺の精神は14歳の時から変わっていないってことか。
あの時の先生に会って、改めて「普通って何?」って聞いてみたいわ。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

「いつか」や「そのうち」は来ないよ

魅力的な人をランチに誘ったとする。
「いつか、ぜひご一緒させてください」って言われたら、あなたはどうしますか?
魅力的な人がこんな事を言ったとする。
「そのうち、ランチでも誘ってくださいよ」。あなたはどうしますか?
その人が本当に魅力的な人の場合、
私は自分のスケジュールをすぐに開いて「で? いつが空いてますか?」って日時の約束を入れます。
大切なことは、その日その時そのチャンスだよ。確実に予定に入れなきゃね。
ちなみに魅力的でない人のばあい、日本人的に簡単に断る方法があります。
「いつかね」、「そのうちね」です。
加藤進の場合は、社交辞令が嫌いなので、「ないわ」って言っちゃいます。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

個性って大事!

社長してると、「この社員はダメだな」って判断することがある。そんな時は、
・ もう俺の仕事は任せない。
・ もう昇給はない。
・ 減給しようかな。
・ どうやって、辞めてもらうかな。
などと、真剣に考えたり、決意する。
しかし、私の会社は解雇をしないという方針なので、ま、言ってみれば放置する。
その後、様子を見ていると、私から見てその人の嫌いな部分が仕事上で大活躍していることがある。敬語が使えない社員が、お客様とフレンドリーに話せていたり、考えをまとめて話すことが出来ない社員が、実はいろんな人の悩みを聞いてあげるのが得意だったり、神経細かすぎるなっていう人が、いろんな事に気付いたり。
いろんな人が職場にいるっていい事だな。
無駄とかダメとか思える個性も、何かの時に開花することがある。見守るって、大事だな
posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

与えられる幸せ

昨夜のこと、思い出したので書いておく。
夜、中学生の長男が俺の部屋に来た。
そこでの会話の記録だ。
俺「受け取る幸せと与える幸せってあるんだ」
彼「なにそれ?」
俺「おっとーは与えられるから幸せなんだ」
彼「なにそれ?」
俺「おっとーはね、与えられることに幸せを感じるんだ。仕事のない人に仕事を、住む所のない人に住む所を。知恵のない人には知恵を、それがおっとーの幸せなんだ」
彼「よくわかんない」
俺「例えばさ、3000万円があって、それをおっとーが受け取るよりもぜーんぶ社員のみなさんに配れたほうが幸せを感じるのさ」
彼「俺は受け取る方が絶対幸せだと思うな!」
そうだよな。長男、正しいわ。
posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)
加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • 有限会社みのり 代表取締役社長
  • ホテル シャローム・イン2 オーナー
  • カプセルホテル函館 オーナー経営者

カレンダー

2020年8月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク