加藤進@北海道函館市の日記(ブログ)
Language :

「幸せ」は変遷する

人生とは幸せを追い求めるものだ。

そして、幸せって、その時その時で変わる。

あと、「幸せは自分の心が決める」ってみつをさんが言ってる。

0歳、恵まれた家庭に生まれた。

2歳、三つ子の弟ができた。

6歳、小学校で優秀な成績だった。

11歳、YMOの音楽に目覚めた。

12歳、中学校で優秀な成績だった

15歳、道東の名門と言われる高校に入った。

下宿生活始めた。

16歳、PAOっていうバンド活動した。

18歳、札幌で自活しつつ浪人。

19歳、琉球大学に合格した。

21歳、大学生協の専従を一年した。

24歳、卒論で学問らしいことした。

26歳、美しい人と結婚した。

憧れの学校の先生(臨時)になった。

27歳、憧れのガソリンスタンドマンになった。

28歳、も一度学校の先生になった。

29歳、創業して社長になった。

続きはあとで。ここまで書いててもいっぱい幸せだったなぁ。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

働き方改革法=過労死促進法

これまで、長時間労働で過労死認定されると会社が叩かれた。ブラック企業とか言われた。

「働き方改革」法では、労働時間に上限がない。だから過労死が増える。そして過労死しても会社の責任は問われず、「自己管理のできない無能な人だったんだね」って言われるんだよ。
さすが日本だね。政府も国民も。
posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

その場所に身を置くこと

現実逃避が好きだ。函館以外のどこか。

でも、俺は社長で経営者だ。逃げてはいけない。「逃げるな」そう自分に言い聞かせる日々である。
今は現実に向き合っている。今の最大の課題はカプセルホテル。とにかく毎日毎日、そこに身を置くことにしている。社員たちは迷惑に思ってるかもしれないが、そこに身を置くと、次から次に打つべき手が見えてくる。
逃げるの反対→その場に身を置くこと。
敢然と課題に向き合い、課題を解決する。
posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

9歳女児の命奪った学校と行政

昨日の地震で9歳の女の子が崩れてきた学校の壁の下敷きになって亡くなった。安心・安全な場所であるはずの学校が生徒の命を奪うって何?

彼女はどれほど生きたかったか。彼女の親の気持ちを思うと本当に悔やまれてならない。

日本は地震列島。原発の開発やその廃炉に何兆円も使ってないで、ちゃんとかけるべきところに金かけろよ。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

金欲

禁欲じゃなくて、金欲。

金(貨幣(=お金))についての欲。
「もうこれ以上、お金はいらないんだ」
っていう人に時々会う。
この二日間で2人もいた。
そして、それらはみーんな女性。
自分の力で稼ぎたいだけ稼いで、もう十分ってなったら、死んじゃうその時まで遊んで暮らす。
男は天井がない。やってもやっても満足しない。
足るを知るって、高い能力だよね。
俺は…、まだそういう水準にないな。
目標はあるけど、秘密。
posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

北海道新幹線の茶番…続く

昨日、函館から成田にとぶバニラに乗りながら考えた。

この飛行機、片道6000円
東京までの時間は2時間半。
(料金と時間は成田→東京のバス含む)
新幹線はその4倍近いお金。
約2倍の時間がかかる。
新幹線なんかに乗るかよ???
しかもだ、札幌延伸ってバカじゃね?
飛行機なら時間も金額もほとんど変わらないよ。
千歳からの飛行機は競争もあるし、羽田にも飛んでるしね。
札幌→東京を新幹線で行くなんて、時間も増えるし金額も増えるでしょ?
本当にバガげてるわ。
加藤進が北海道新幹線開業直前に書いた先見的な論文にリンクしときます。
posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

責任とらない「偉い人」

加藤進は全員にではないが、信頼できる部下には次のように言ってきた。

「報連相もしなくていい、あなたの好きなようにやっていい。失敗しても、責任は俺がとるから心配すんな」
(そうやって、旅行ばかりしてました。ごめんなさい)
上司とか社長とかいう組織のトップはつまるところ「カッコよく責任を取るため」に居るんじゃないのか。
アメフトの監督とコーチ、あれは何だ?
安倍総理大臣、あれは何だ?
昔の日本人は切腹したもんだ。
今は辞職で済まされるじゃないか。
もっと、せめて俺くらいカッコいい人が総理大臣にならないと、組織のトップのあるべき姿が国民に示されないわ。
日本国民が、そういう国や社会を作ってるよな。
そんな国にしてしまっている責任は俺にもある。3人の俺の子どもたち、ごめんなさい。
posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

治安の悪い国なんて無い

海外旅行の話をすると必ず言われるのが「あっちは治安は大丈夫なんですか?」っていう質問だ。

これは絶対にしてはいけない質問なんだ。
これから飛行機に乗るっていう人に、「その飛行機、落ちないですか?」って聞いてるようなもので、相手の未来に失礼だ。
そしてとうとう、私はわかってしまった。その理由を。
その発言をする人は、明確に「足を引っ張りたいだけ」なのだ。自分は海外旅行なんかには夢にもいけないから、行ける人が羨ましい。出来れば断念させて、自分の仲間(海外行けない組)に引き止めておこうという心理が働くのだ。
これは心理であり、本人が自覚していない場合もある。
「あっちの治安は大丈夫なんですか?」っていうくだらない質問してくる人の半分以上は海外に行ったことがない。
そんなお前に何がわかる?
旅へ行けない人へ
旅は時間とお金の両方が揃えばできます。旅に行ける人になるように努力しましょう。
旅に出る人がいたら、余計な心配はせずに「楽しんで行ってらっしゃい」と声をかけましょう。
俺の感覚では治安の悪い国なんて無いです。
写真はキューバの夜。
ものすごく楽しかった。
B23FB046-6AE1-4B07-82CB-FE675C29B523.jpg
posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

定年のない会社

函館にありた鍼灸っていう会社がある。

そこの経営者が「うちには定年がありません。本人が働ける限り、働きたいだけ、働けるんです」って会社紹介してた。
カッコ良すぎだな。すごいな。負けたな。俺には決断できないなって思った。
でも、決定権が社員の側にあるって、やっぱりすごいわ。尊敬した。
posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

若返りパワーアップ法

自分の年齢を10歳引いて、自分に言い聞かせるんだって。

すると、できないと思ってたことが、簡単にできるんだって。

俺は39歳、今年で40歳。

不惑の40。もう、迷わないぞ!

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)
加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • 有限会社みのり 代表取締役社長
  • ホテル シャローム・イン2 オーナー
  • カプセルホテル函館 オーナー経営者

カレンダー

2019年12月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク