加藤進@北海道函館市の日記(ブログ)
Language :

【ジーニーにとっての自由】

劇団四季のアラジンが好きだ。脚本も役者も舞台も歌唱もパーフェクトだと思う。何度見てもいちいち新鮮な感動をする。本当に素晴らしい世界だ。

アラジンが3つめの願いとして「ジーニーを自由にする」っていうことを約束するシーンがある。ジーニーは「どんな強い権力もいらない。どんなに高い地位もいらない。ただ、自由が欲しい。「あなたの願いはなぁに?」って聞いて歩かなくていい。本当の自由が欲しい」って言うんだよね。

働いてる人って誰かのニーズに答えてお金をもらってるよね。誰かの願いを聞いて生きてるジーニーと同じじゃないかな。強大な力・魔力はないけどね。

俺は無職になった。自由になった。顧客の言うこと聞かなくてもいい。社員の言うこと聞かなくてもいい。

やった!自由だ!

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

【幸福相対性理論】

幸福とは相対的なものだ。絶対幸福って無い。空腹の時の食べ物。睡眠不足の時の睡眠。パートナーいない歴〇〇年からの…。20万円だった月給が30万円に。辛い労働後のお休み。それぞれ幸福を感じる。

誰かと比べてってのもある。自分よりも不幸と思われる人をよーく見て、自分の幸せを実感する人もいる。

つまり、幸せを実感するためには、一度、何らかの、適度な不幸を体験しなければならない。不幸っていう前提があって、初めて幸福を実感できる。

ってことはわかったんだけど、不幸は嫌だし、ストレスも嫌だな。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

社交辞令が嫌い

社長に多い気がする。「加藤社長、今度お話し伺わせてください。お電話番号、お聞きしていいですか?」って言うから教えてあげたのに、半年経っても連絡はない。

この社長の会社は潰れるし、社員たちは不幸になる…そう思うさ。

行く気がないならきっぱり断るし、会う気があるなら、その場で予定を入れる。そんな事もできない人とは付き合いたくない。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

映画を安く観る

TOHOシネマズは毎週水曜日1200円

イメージフォーラムは毎週月曜日1200円

以上、メモ

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

YouTuberになるかな

節税目的で、考えてみた。

Facebookに投稿したんだけど、気に入ったのでここにも記録しておく

【アイディア】

退職した俺、YouTuberになりたいって考えた。有名になることが目的ではなく、節税に使えないかなって。世界中を飛び回って動画撮って公開して、YouTube載せたり、Kindle本書いたり。肩書きは「旅作家」?

そうするとね、全てを経費にできそうじゃない?

飛行機やタクシーなどの交通費。

衣類=衣装

床屋=ヘアメイク

食費もアップすれば小道具

ホテル代も高級ホテル泊まってレポート

これらを経費にできたら夢のような節税生活できるな。

初年度:利益10万円、経費600万円

2年目:利益50万円、経費600万円

3年目:利益90万円、経費600万円

最大の問題は、税務署と俺との見解の相違だな。一年中闘っていそう…。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

クラウドファンディングが嫌いだ!

その活動を応援したいと思ってもクラファンなら嫌なんだ。だって、10000円カンパしても、1500円(会社による)がクラファン会社に行っちゃうじゃん。全額をそのまま渡したい。送金手数料はもつよ。だから、安易にクラファンしないで欲しい。普通に口座(銀行口座、PayPay、LINE Payなど)を明らかにして呼び掛ければいいだけの事。

追伸:アルプスの少女ハイジの中では、クララのファンです。略して…ま、いっか…。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

【仕事の引退について】

アーティストはその限りではないことを先に申し述べておく。

50歳より早く引退するのは早すぎると思う。知力も体力もあり、大輪を咲かせることができるのは、その年頃だろう。

65歳は遅すぎると思う。余生を楽しむにも知力と体力と20年くらいの期間が欲しい。

つまり、52歳で会社を引退する自分にとても満足している。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

【旅行の頻度】

36歳(16年前)の時に初めての海外旅行をし、目からウロコで、「年に2回は海外に行こう」と決意した。

数年前から、「冬の間は毎月、南の島に行こう」って変わった。

今は月に2回は旅に出ないと気が済まない。

2021年12月からは、日本の「非居住者」になり、パーマネントトラベラーになり、つまり、ずーっと旅っていう生活を始める。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

何事も解釈が大事

人生の折り返し点を過ぎて、自分の人生を振り返る日々だ。何を考え、どんな行動をしてきたか、過去は変えられないが、解釈は自由だ。どんな事でも自分と周りの人が安心するような、幸せになるような、そんな解釈を与えるテクニックが人生を豊かにするぞ。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

【4月1日ですけど、本当です!】

<事業承継のご案内>

1998年の個人事業、函館まねきネットの創業、2001年の有限会社みのり設立以来、150人を超える社員を有したり、社屋を建てたり、ホテルを買ったり、アパート賃貸を始めたり、株式会社青いぽすとを子会社にしたり、多角経営で走ってきました。

ですが、ここ数年くらい、社長としての器(気力・知力・体力・センス・ユーモア)が急速に小さくなってきていることに気づき、会社の未来・事業承継を考えてきました。「私よりも優れた社長がいれば、今すぐにでも会社を譲り渡したい」と、考え出して5年くらいが経過しました。そして見つけました。

マーク商事株式会社 代表取締役の熊谷貴典氏です。1983年9月生まれ。37歳という若さですが、急激に彼自身の会社を発展させてきました。この方に、私の全株式を譲り渡し、事業承継をしていただきます。おそらく近い将来、社名も変わります。

彼にはすでに有限会社みのりと株式会社青いぽすとの取締役副社長に就任(3月22日付)していただきました。

7月15日に全株式を渡し、両社の代表取締役社長になっていただくよう、契約済みです。

7月15日、加藤進は52歳にして、会社経営から完全に外れます。残りの48年の余命をどう生きるか・・・模索していきます。7月15日まではいつも以上にしっかり働き、熊谷氏の働きやすい環境づくりに努力していく決意です。

マーク商事株式会社WEBサイト

http://mark-t.co.jp/

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)
加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • アトム不動産 代表

カレンダー

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク