加藤進@北海道函館市の日記(ブログ)
Language :

責任とらない「偉い人」

加藤進は全員にではないが、信頼できる部下には次のように言ってきた。

「報連相もしなくていい、あなたの好きなようにやっていい。失敗しても、責任は俺がとるから心配すんな」
(そうやって、旅行ばかりしてました。ごめんなさい)
上司とか社長とかいう組織のトップはつまるところ「カッコよく責任を取るため」に居るんじゃないのか。
アメフトの監督とコーチ、あれは何だ?
安倍総理大臣、あれは何だ?
昔の日本人は切腹したもんだ。
今は辞職で済まされるじゃないか。
もっと、せめて俺くらいカッコいい人が総理大臣にならないと、組織のトップのあるべき姿が国民に示されないわ。
日本国民が、そういう国や社会を作ってるよな。
そんな国にしてしまっている責任は俺にもある。3人の俺の子どもたち、ごめんなさい。
posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

治安の悪い国なんて無い

海外旅行の話をすると必ず言われるのが「あっちは治安は大丈夫なんですか?」っていう質問だ。

これは絶対にしてはいけない質問なんだ。
これから飛行機に乗るっていう人に、「その飛行機、落ちないですか?」って聞いてるようなもので、相手の未来に失礼だ。
そしてとうとう、私はわかってしまった。その理由を。
その発言をする人は、明確に「足を引っ張りたいだけ」なのだ。自分は海外旅行なんかには夢にもいけないから、行ける人が羨ましい。出来れば断念させて、自分の仲間(海外行けない組)に引き止めておこうという心理が働くのだ。
これは心理であり、本人が自覚していない場合もある。
「あっちの治安は大丈夫なんですか?」っていうくだらない質問してくる人の半分以上は海外に行ったことがない。
そんなお前に何がわかる?
旅へ行けない人へ
旅は時間とお金の両方が揃えばできます。旅に行ける人になるように努力しましょう。
旅に出る人がいたら、余計な心配はせずに「楽しんで行ってらっしゃい」と声をかけましょう。
俺の感覚では治安の悪い国なんて無いです。
写真はキューバの夜。
ものすごく楽しかった。
B23FB046-6AE1-4B07-82CB-FE675C29B523.jpg
posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

定年のない会社

函館にありた鍼灸っていう会社がある。

そこの経営者が「うちには定年がありません。本人が働ける限り、働きたいだけ、働けるんです」って会社紹介してた。
カッコ良すぎだな。すごいな。負けたな。俺には決断できないなって思った。
でも、決定権が社員の側にあるって、やっぱりすごいわ。尊敬した。
posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

若返りパワーアップ法

自分の年齢を10歳引いて、自分に言い聞かせるんだって。

すると、できないと思ってたことが、簡単にできるんだって。

俺は39歳、今年で40歳。

不惑の40。もう、迷わないぞ!

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

借金の考え方。

飲み屋さんで働く女性スタッフは月収100万円の人もいるらしい。
身体を売るわけじゃないよ。お酒を一緒に飲んであげたり、仕事に出る前や仕事が終わった後に、お食事に付き合ったりするだけ。容姿の美しい人っていうのが条件になるかもね。
20歳でその道に入ったAさんとBさんがいました。二人とも容姿にコンプレックスがありました。
美人になる手術には240万円がかかります。
Aさんはすぐに借金をして手術をし、毎月2万円を20年間で返済していきました。
Bさんは240万円の貯金をつくるために20年間がんばりました。
Bさんも40歳になって、やっと手術を受けることができたそうです。
ね? 借金するってすごいでしょ?
え? 例えがわるい? あ、そうかもね・・・。
借金とは時間を買うことなんだ。3%未満の利息なんて無いに等しいよ。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

The 労働者

この世界には資本家と労働者っていう明確な区分けがある。

労働者が居ないと、世の中は成り立たない。

コック、ウエイトレス、船長、船乗り、映画上映技師、パイロット、客室乗務員、ホテルのフロントスタッフ、清掃係、電車の運転手、車掌、などなど、みーんな労働者で、彼らが居ないと資本家たちの贅沢三昧は成り立たない。
だから学校教育では優れた労働者になるための学習をさせて、資本家になる道は教えないようにしているんだな。
労働者は一生懸命働いて金を貯めて子どもに教育を与え、労働者に育て上げる。
子どもを資本家にしたければ、独自の教育を与えないとならない。
そーゆーことだな。
posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

【裕福な人の居るところ】

グリーン車?

グランクラス?

空港ラウンジ?

ビジネスクラス?

ファーストクラス?

相撲の桟敷席?

歌舞伎座?

その最高峰はやっぱり船の旅、クルーズだと思う。電話もネットも繋がらなくても、全然平気で、急いでなくって、目的地なんて、そんなに意味がなくって、ただゆったりと流れる時間を楽しむ。あれが、俺の知る究極だな。

今年もクルーズ行きたい。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

r>g

フランスの経済学者、トマピケティが『21世紀の資本』の中で言っているのは、
r>g
ってことだ。6000円もする本で、とても分厚い本で、正直、俺は買わなかったし、読まなかったけど、どうやらそういうことらしい。すごく読まれてるけど、理解できてる人っているかな?
r>g
深いわ。
今日、ミスドで、うちの長男(中学2年生)にレクチャーした。
中卒で働いてもらいたい。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

2018年の目標

1月1日には作ってたんだけど、公表してなかった。
1、カプセルホテル函館を軌道にのせる。
2、アトム不動産の法人化
3、高利回り物件を増やす(今年は無理かな・・・)
4、PTに関する学習
5、PTの準備にはいる
6、英語の学習をする
7、サルサ、アルゼンチンタンゴ、社交ダンス、踊る
8、スノーボード、やる。
9、早期退職に向けた準備
10、より自由な環境を手に入れる

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

お金と時間のある人たち

8泊9日のクルーズに行ってきた。

1番衝撃を受けたのは、俺に年齢が近いと思われる女性の言葉だ。
「ほら、お金って放っておいてもどんどん増えちゃうでしょ? だから、毎回の地球一周クルーズに申し込んでるのよ。クルーズの代金も経費になるの。あと、1月1日に住民票を日本に置かないことね。それで、住民税も無くなるし、所得税も軽減できるわ」
俺がなんとなく展望しているPT(パーマネント トラベラー)を実際にやってる人がいた。
クルーズの参加者は圧倒的にお年寄りだ。山ほどの時間と山ほどのお金がある人たち。しかも、インターネットや携帯電話が繋がらなくても平気な人たち。話を聴くと、何度も何度もクルーズに行ってる。
とても羨ましく思った。
ただ、彼ら、幸せには見えなかった。
幸せって? 何だ?
クルーズはその答えじゃなかった。
また、俺の幸せ探しの旅が始まるな。
posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)
加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • 有限会社みのり 代表取締役社長
  • ホテル シャローム・イン2 オーナー
  • カプセルホテル函館 オーナー経営者

カレンダー

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク