加藤進@北海道函館市の日記(ブログ)
Language :

知恵、力、金

知恵のある人は知恵を

力のある人は力を
金のある人は金を
そんな言葉がある。
何もない人は元気を出せ(松山千春)ってのもある。
俺、知恵と力と金とを全部持ちたい。
そして、困ってる人の役に立ちたい。
もっともっと頭良くなって、
もっと大きな権力を握って
(力仕事する気は無いよ)
もっとたくさんのお金を自由にしたい。
知恵と力と金を手に入れながら、それを世のため人のために大放出していく、それが俺の人生かなって考えた、2017年7月1日、朝ツッタ。
posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

脳の活性化

脳の活性化、開発、その方法を見つけた。

それは人と話すって事だ。
社員だと命令でそんな時間が持てる。それで会社が発展し、彼が幸せになればいい。
取引先も喜んで時間をくれる。それで私の会社と彼の会社が発展し、彼の生活も豊かになればいい。
自分1人で考える時間は多い。でも、人と話すと脳はとても活性化し、1人で考える時の2倍を超えるくらいの結果を出す‥‥そんな気がする。
大発見。江口コーチに感謝。
posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

量より質

俺が経営するホテルとか、食べるものとか、遊び方とか、見る映画とか、時間の使い方とか、仕事とか、恋愛とか、働く人とか。

まずは量だよ。そして、その次に質が洗練されていく。
でも、最大の問題は人生だよね。いま、日本人は100年以上生きる時代らしい。
勉強して、就職して、結婚して、子どもが産まれて、子育てしながら働いて、子どもが巣立って60歳。(結婚しない、子どもを持たない生き方もあります)
そこからの40年をどーすんのさ?
ってのが、今回の論文。
posted by かとうすすむ  日記  コメント (2)

空飛ぶ車

空飛ぶ車は開発すべきじゃない。だって、車は道路を走ればいい。空を飛びたければ、飛行機やヘリコプターがある。ただでさえ、交通事故が大変なことになってる。空飛ぶ車が事故ったら大変だよ。落下してくるんだから。
飛行機でさえ管制するのが大変なのに、空飛ぶ車が飛びまくったら空の安全はどうなる?普通免許だって、意味がなくなるよね。信号とか一時停止とか、空に必要だしね。夢はあるけどアホだな。
もう、アホな開発なんかすんなよっていいたい。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

永遠の旅人

永遠の旅人=パーマネントトラベラーっていう生き方がある。

世界中に住所を持たない。数ヶ月ごとに国を変え、ホテル暮らしをする。ホテルじゃなく、民泊でもいい。
生活費を不動産で稼ぐ上に、住民税がかからない。
3年くらい、そんな生活もいいかもな。
大きくなったら、やってみよ。
posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

「集中する」とは

他のこと、それ以外のことをしないという決意である。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

マイナンバーは集めない!

市役所にFAXした。

962094D7-52C0-4E20-95B6-39F048E7992D.jpg
posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

仮想通貨

世界各国にそれぞれの通貨があるってゆうのはステキだ。日本円、台湾ドル、中国元、ベトナムドン、韓国ウォン、米ドル、香港ドル、シンガポールドル、ユーロ、それぞれの国だけで通用し、その瞬間の為替レートで売買される。
そんな中、いくつかの国で共通の通貨を持つことは失敗している。それがユーロだ。経済破綻する国と経済絶好調の国とで同じ通貨を使うととても大きな不均衡が起こる。ユーロ圏は可哀想なことになっていると思う。
そこに登場してきたのが仮想通貨だ。最もメジャーであり、大きい取引なのはビットコイン。
近い将来、世界で使えることになりそうだ。国内でもビットコインでの支払いをオッケーにする店舗が増えて来ている。
しかし、この仮想通貨は価値が変動する。しかもものすごいスピードで極端に変動する。各国の通貨が無くなって、ビットコインが世界共通の通貨になるのだろうか?
考えただけで、頭の中が混乱する。
ブロックチェーンなるテクノロジーで文字通り、仮想の、手で触れることのできない通貨。
世界をどんな風に変えていくのだろうか?
仮想通貨を信じるべきか。
現実通貨を信じるべきか。
写真は過去1年間の価格の推移。
1年で価格が4倍になっている。
0D9B2EF8-E871-4F5E-8BC1-3F6642BC2AC7.jpg
posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

「ノー残業デー」について

企業はそもそも労働者に残業させてはならない。これが原則。残業させる場合は通称「36協定」という協定を経営側と労働者側で結ばなければならない。

「ノー残業デー」っていうのは文字通りの本末転倒である。毎日の残業が前提。1日だけでも残業のない日を作ろうって事です。
うちの会社は残業がありません。本当にやむを得ない時だけです。だから、社員たちは「ノー残業デー」の意味がわからないと思います。
もし、社員から「社長、いま、全国の企業では「ノー残業デー」ってのが流行っているので、うちの会社にも導入しましょう」って提案されたら。週に4日の残業デーを新たに作らなければなりませんね。
アホな社会だ。
posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

子どもとの時間

3人の子どもたち。心から愛している。

自分のこと以上に君たちが好きだ。
君たちとの時間が何よりも大切だ。
でも、おっとーは何よりも大切な君たちとの時間よりも、別の使命のために働くから。
悪いけど、おっとーの背中を見て学んだり、反面教師にしたり、してくれ。
@朝ツッタ
posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)
加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • 有限会社みのり 代表取締役社長
  • ホテル シャローム・イン2 オーナー
  • カプセルホテル函館 オーナー経営者

カレンダー

2019年11月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク