加藤進@北海道函館市の日記(ブログ)
Language :

未来社会を社内で実現できないかなって思った。

今日は19時から「アイディア検討任意会議」が開催された。
私とある役員との間で激論があった。
激論ではあるのだが、社長の私も彼も私利私欲を求めているのではなかった。彼は社員の給料を上げるために、しかも他部署の社員の給料を上げる方法を提案していた。私は自分の給料はもう固定で上げる気はなく、どうやって社員を増やし、事業を継続させ、可能ならみんなにお金をばらまけるかを考えている。
21時近くに会議は終わり、帰路についたが、資本主義を超えた社会を社内で実現できちゃうんじゃないかと思った。思ったから、その記録としてここに書いておくことにした。
加藤進は資本主義が人類社会の最終段階とは思っていない。資本主義のその先の社会があると思っている。
日本の多くの政党は資本主義のその先の展望を示せない。だからどの政党も行き詰まる。日本共産党だけが、資本主義社会のその先の展望を持っている。だから日本共産党は行き詰まらないし、言うことが一貫しているし、元気いっぱいだ。資本主義が行き詰まれば行き詰まるほど元気になるかもな。
さて、本題にもどす。
資本主義社会の次は社会主義社会だ。社会主義社会の次は共産主義社会だ。
科学技術が進歩し、生産性が非常に高まった時に、それが実現可能となる。
誰がいったのか知らないが、社会主義や共産主義を次のように定義したものがある。
社会主義とは:能力に応じて働き、働きに応じて受け取る社会。
共産主義とは:能力に応じて働き、必要に応じて受け取る社会。
この定義によれば、うちの会社はそろそろ社会主義体制になっているようだ。
みんな能力に応じて働いていて、剰余金はほぼ全部配っちゃてるからね。長時間働けない人はパートにしてあげたり、労働時間を週40時間から週30時間に減らしてあげたり、妊婦への配慮をしたり。利潤追求してないので、搾取って無いかも。法人税は払わないし、内部留保もしないっていう方針持ってるしね。社長の給料が平社員の4倍なのは多いのか少ないのかわからんが。まあ、俺は「働きに応じて受け取っている」と思っている。
このあと、うちの会社がその役員のおかげで、2倍の売り上げを上げるようになったら、「必要に応じて受け取る」ができるようになるかもしれない。
実家暮らしの人が一番給料が少なくて・・・月額25万円くらい。
配偶者がいれば30万。
中学生以下のの子どもがいれば一人につき5万円プラス。
高校にあがると子ども一人につき8万円プラス。
大学にあがったら、授業料を会社でだしてあげる。
子どもたちが巣立ったら、30万円にもどる。
配偶者が死んだり、離婚したら25万円。
必要に応じて受け取れたら、すてきだね。絶対に会社を辞めないし、会社のために貢献したくなっちゃう。
うちの会社ががんがん儲かるようになったら、やるから。きっと。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)
加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • 有限会社みのり 代表取締役社長
  • ホテル シャローム・イン2 オーナー
  • カプセルホテル函館 オーナー経営者

カレンダー

2019年12月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク