加藤進@北海道函館市の日記(ブログ)
Language :

自立・独立することの重要性

NEET【ニート】(Not in Employment, Education or Training)
ニートが85万人いるらしい。
15歳から34歳までのうち、
① 就職の意思が無い人
② 就職の意思があっても求職活動をしていない人
③ 学校に行っていない人
が85万人である。
函館市民の3倍だな。これ、2002年の数字だから、現在はもっと増えているんじゃないだろうか。
自立・独立とは私に定義させると
① 労働をし、その対価(賃金)で生活費の全てをまかなう
② 自ら住居をかまえ(賃貸含む)、衣食住を自ら整える
補足すると、親と一緒に住んでいるのは真の独立とは私は認めない。しかし、
① 家の所有は自分で、親を住まわせている
② 自宅に5万円以上(家賃と食費相当)を入れている
③ 食事・洗濯などを自力で用意している
などの場合は自立・独立に含んでもいいと考える。
これを行うのは簡単なようで非常に難しい。自立・独立とは「自由を手に入れる」という最大の目的がある。24時間を自由に使うことができ、稼いだお金を法律の許す限り、どのように消費してもいい。
反面、お金を稼ぐのには相当な精神力と体力が必要で、また、労働に見合った対価が支払われない時勢である。また、自炊をする能力や掃除をする、洗濯をするそういう能力も無ければ、どんどん生活の場が荒廃して来る。
日本の教育(=学校教育+家庭教育)では、このような困難を乗り越える術が教えられていないように思う。私のところには3日に1通くらいの割合で履歴書が届くが、求職してくる人でさえ、ため息がでるほど、これらの能力が欠如している。
「1人暮らし練習場」のようなものが必要な時代なのかもしれないなー。
中途半端だが疲れたから終わります。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • 有限会社みのり 代表取締役社長
  • ホテル シャローム・イン2 オーナー
  • カプセルホテル函館 オーナー経営者

カレンダー

2020年9月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク