加藤進@北海道函館市の日記(ブログ)
Language :

求人票への年齢制限撤廃

数ヶ月前からかなー、ハローワーク(=職業安定所)で求人する時に年齢制限ができなくなりました。正当な理由があれば、書き込めるのですが、正当な理由なんてありません。私は自分よりも年上の人は指導する自信が無いので、私より1歳下を上限としていました。ただそれだけです。よーく考えると、当社には1名だけ私よりも年上の社員がおりまして、これがまた激しく優秀なのですが、そんなこともかえりみず、「私よりも下」と決め付けてきました。ですから、今回の年齢制限撤廃には結構いきどおりました。
① 年配の方から履歴書が来ても年齢だけを見て返送しなければならない。
② 応募した人もたくさん断られるので傷つく。
③ 統計上も年齢別の求人ができないので、労働環境分析が不透明になる。
まったくもってくだらない政策だと思っていました。
案の定、届く履歴書は年配の方が半数以上・・・どうしたものか・・・と思っていたのだが、その内容を見ると、かなり魅力的な経歴なのです。札幌での求人に対して60歳の方から応募がありました。この人の職歴はたった2行でした。入社と退職の2行。つまり一つの会社で勤め上げたのです。私が生まれる前からずうっと一つの会社で頑張りとおしたのです。それまでの私の知る履歴書は20代の若者でも職歴が5~6個もあるのがほとんどです。そのほとんどが自己都合退職です。私はこの方の履歴書を見て、何度も何度も簡単のため息をついてしまいました。この60歳の方は採用の方向で検討しています。
くだらん政策にはかわりないんだけどね。
科学が進歩すればするほど、人間の労働力が必要な場所は減るんだな。この資本主義の矛盾は社会体制を変える以外に解決できないんだな。それまでにどれだけの人間が犠牲になるのだろうか・・・。ま、経営者の端くれとしてがんばろーっと。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (2)

コメント

  1. ワーカー より:

    あはは、あなたは履歴書をみるとき「会社都合」か「自己都合」かも確認するようですが、あなたの会社を辞めた人間で「会社都合」の方はいますか?「会社都合」でも「自己都合」とするのがいまの社会ですよ。それでその辞めた方たちがどのくらい不利益を被るかわかっておっしゃってるんでしょうね!

  2. かとうすすむ より:

    ワーカー様
    コメントありがとうございます。まずは感謝申し上げます。
    当社の採用の流れ
    ① 履歴書・職務経歴書の郵送
    ② 電話試験(電話でお話しての第1次試験)
    ③ ペーパー試験
    ④ 面接
    面接の段階で、職歴の全てについてなぜ辞めたかの本音(嘘を言うかもしれませんが)を必ず確認するのが当社のやり方です。
    会社都合の場合、雇用保険がすぐに支給されるという労働者のメリットと、助成金などがもらえなくなるという事業所側のデメリットがあることを認識しております。
    当社は基本的に常用で採用し、解雇はしない方針です。解雇しないために社長を先頭に営業に走り回ります。ただし、社員の幸せを最優先に考え、辞めますという社員については追わない事にしています。以上です。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • 有限会社みのり 代表取締役社長
  • ホテル シャローム・イン2 オーナー
  • カプセルホテル函館 オーナー経営者

カレンダー

2020年9月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク