加藤進@北海道函館市の日記(ブログ)
Language :

駒大苫小牧のその後問題

夏の甲子園に優勝した駒大苫小牧だが、後味の悪い事になっている。しかし、この問題は本質をしっかり見る必要がある。
問題の本質は
① 野球部長(27歳)が生徒に暴力を振るった
② 学校がこの事実を知りながら高野連に隠していた
高校野球の主役である生徒たちには微塵の責任も無い。祝勝お披露目も街を上げて、道を上げてやるべきだ。彼ら球児たちは道民の誇りだ。
責任が問われるのは直接暴力を振るった大人、それを知りながら隠していた関係する大人たちだ。彼らの責任は非常に重く、自ら責任を取るべきだ。
私は暴力をふるわれながら、それに暴力で応酬しなかった球児たちを心から誉めてあげたい。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (1)

コメント

  1. 通りすがり より:

    監督による暴力ってのはドーピングと同じ
    殴れば生徒はすぐにおとなしくなり、その空いた時間にさらに多く練習できる。
    もしかしたら他の学校も暴力を使えば、もっと強くなれたかもしれない。
    ちょっと極端かもしれないけど、生徒も暴力の恩恵を受けていると言える
    ドーピングの場合知らずにやろうが、処罰の対象になる
    これら暴力に関してもドーピング同様、根絶すべきで重たい処分もやむを得ない
    スポーツ界に望む事は指導者が暴力という安易な方法に行かないように、ルールに詳しく記述して欲しい

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • 有限会社みのり 代表取締役社長
  • ホテル シャローム・イン2 オーナー
  • カプセルホテル函館 オーナー経営者

カレンダー

2020年10月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク