加藤進@北海道函館市の日記(ブログ)
Language :

社内全面禁煙

最近、頭の片隅にある目標である。社長だからといって強権的にできるものでもない。いや、最終的には強権的にやるんだろうけど・・・。
2000年ころかな。初めて社員を採用しようと思ったときに、ハローワークで「タバコを吸わない人」という条件で求人した。給料が安いということもあったが、誰も来なかった。そして、その条件を取ったら、応募者が出だした。
当社の社員はタバコ吸いが多い。時代に逆行しているというか、時代遅れである。
タバコはいろんな害がある。
1、社員の健康を蝕む
2、副流煙で吸わない人の健康も蝕む
3、社員の経済を圧迫する
4、脳への酸素が減り、能率=脳力が落ちる
5、タバコを吸う時間、有給で休憩する
6、吸わないとイライラする
7、火の危険・リスクがある
8、子孫(胎児)に影響が出る
9、納税により、悪政に寄与する
メリットは無い。
社員とその家族、そして会社を愛するがゆえに、全社員に禁煙を推奨したい。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (4)

コメント

  1. 房立 より:

    強権的に禁煙を開始するのは私が会社を辞めた後でお願いします・・・。
    そして煙草を止めるときは自分の意志で止めます。

  2. スモーカーH より:

    5は大きく納得ですね。お金をもらってタバコを吸えるのがうらやましい。その分残業でもすべきですね。
    2と5の分は給与をさげるか、そこまで社員の事を考えておられるのなら非喫煙者に手当てでも差し上げればいいのではないですか。
    9=税金というものは一切払わない方がいいと仰っているようですけど、不必要なタバコで税金を取ってもらわないと、子どもや老人への福祉が不足し、その分貧乏人や生活に苦しい人の税金も上がることもあるだろうから理想論だと思う。誰かが払わないと。
    そりゃ払う税は少ないに越した事はないけど、そんな理想で動かしたら国が破綻し最終的に国民にツケが来る。

  3. べごちゃ より:

    社内全面禁煙は賛成です。
    喫煙者の近くに居るだけでも臭いが気になります。

  4. たく より:

    偏った部分もあるようだけど賛成。一番最後、番外のポイントにつくづく賛同。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • 有限会社みのり 代表取締役社長
  • ホテル シャローム・イン2 オーナー
  • カプセルホテル函館 オーナー経営者

カレンダー

2019年12月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク