加藤進@北海道函館市の日記(ブログ)
Language :

正当な批判を受ける快感

社長が社員に直接批判をされることはほとんどない。私の例で言うと、社員に批判をされるのは月に1回あればいい方だ。そこには複雑な力関係がある。おもに社員にとっては
・ クビになるかもしれない
・ 言っても変わらない
・ 返り討ち(批判返し)を喰らうのが怖い
などがあるだろう。
私は社員に対して「解雇はしない」と宣言をしている。しかし、なかなか批判はされない。これは悲しい事だ。社長が成長するには社長自らが自己を律していくのは当然だが、それ以上にやはり第3者からの目が重要だ。批判を受けることは成長への近道だと考えている。
社員から正当な批判を受けたとき、社長を正せる優秀な社員が当社にはいるんだという喜びがある。これは快感である。その批判が正当であれば、正す以外に道はない。批判を受け止めて正していく事も快感だ。
今日はT社員にそういう批判をされ、いい気分だった。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • 有限会社みのり 代表取締役社長
  • ホテル シャローム・イン2 オーナー
  • カプセルホテル函館 オーナー経営者

カレンダー

2021年6月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク