加藤進@北海道函館市の日記(ブログ)
Language :

加藤進と宗教

加藤進の宗教に対する立場を書いてみる。
① 憲法の思想信条の自由に基づき、他人の信仰はこれを尊重する。
② 宗教は人類が作り出した文化として尊重する。
③ 加藤進は死ぬまで信仰を持たない。
私が世界でもっとも信じているのは自分自身である。自分の人生は自分で切り開くし、過ごしにくい社会や環境は自分自身で改革していく。信仰を持つという事は、運命・人生を目に見えない第3者に委ねることにつながり、どんな事象も受容するようになってしまう・・・その事をもっとも懸念する。その懸念は人一倍強い。神が存在するならば、私の存在意義はない。神がいないから、加藤進が頑張るのである。だから私は、神が目の前に現れて、奇跡を見せられても、それを認めるわけにはいかない。会っても信じないと決めているのだから、神様は絶対に私を避けていくだろう。
一般人には許容するが、私は大学生には観念論を認めない。観念論の特徴
① 自己紹介で血液型や星座を言う(占いを信じる)
② 初対面の人に血液型や星座を聞く(占いを信じる)
③ 数値で議論ができない。(思う、感じる、みたいな、など抽象的)
大学生には科学とその手法を学んでいただきたい。観念論の入る余地は無い。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (2)

コメント

  1. simo0518 より:

    そういえば・・・。
    宗教で思い出したんですが、
    前、ある協会で加藤さんに会ったんですよねw
    覚えてないとは思いますけど・・・w
    ま、まぁ、単なる独り言ですっ(笑)

  2. 松本 より:

     進君、米倉斉加年さん知っている?進君の信条とっても似ています。憧れ続けています。このように、すっきりと自身を表明できる事を!「いま、普通に生きる」米倉さん著是非読んでください。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • 有限会社みのり 代表取締役社長
  • ホテル シャローム・イン2 オーナー
  • カプセルホテル函館 オーナー経営者

カレンダー

2019年12月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク