加藤進@北海道函館市の日記(ブログ)
Language :

資本主義社会は動物の社会だな

動物の社会にある法則は「弱肉強食」である。弱い者は強い者に食べられるのである。資本主義の社会を考えた時に、これとの相違点を見出せない。強い会社が弱い会社をつぶしていく。イトーヨーカドーやイオングループが町の小売店をつぶしていく。会社の中でも強い人(体力と脳力)が弱い人をつぶしていく。家庭の中でも強い人(男)が弱い人(女性、子ども)をつぶしていく。テレビでは「勝ち組」、「負け組み」などとそれらを正当化している。
私たちは人間の社会に人間として生きているのに、競争に勝たないと生きていけない。低賃金で働かされたり、仕事を奪われたりする。これだけ知性の発達した人間でありながら、動物と同じ社会を作るのが限界なのか・・・。そんなはずは無い。弱者も弱者という認識が無いほど、人間の可能性が開花し、喰う喰われる、勝ち負け、じゃない社会を作ることができるはずだ。神をつくり、仏を作った人類なのだから。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • 有限会社みのり 代表取締役社長
  • ホテル シャローム・イン2 オーナー
  • カプセルホテル函館 オーナー経営者

カレンダー

2019年12月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク