加藤進@北海道函館市の日記(ブログ)
Language :

【24/36フィリピンの旅その1】

〈昼は暑すぎる〉

昼間の日差しは暑すぎて疲れる。だから、朝と夕方だけ外に出ようと、5時半に起きた。外はバケツをひっくり返したような大雨。そして、5:35分からの停電。とりあえず大雨の撮影した。停電も大雨も5:55には解消。この激しい変化が好きだ。

〈外に出ると虹〉

〈食べ物〉

沖縄のムーチーのような感じ。って言ってもほとんどの人はわからんべな(笑)。5ペソ。

〈朝日〉

〈マスク率ゼロ〉

〈停電〉

7:13から7分間。誰一人として慌てない。きっとあるあるなんだろうなぁ。

〈タウィタウィの可能性〉

タウィタウィはとてもいいところだ。海が綺麗だ。ボラカイ島よりもキレイな海と砂浜を見つけたよ。ダイビングスポットが近くにいっぱいありそうだし、珊瑚もそこに住む魚たちもレベルが高い。お客が少ないからダイビング屋さんも少ない。街はとても活気がある。沢山のお店が軒を並べている。タクシーもgrabもない。有ることも魅力だし、無いことも魅力だ。なぜ、この町が観光で成功していないのか。それはネット環境が貧弱で、一切の動画をアップできないからだ。タウィタウィで取材する→ザンボアンガでネットにアップ…これを半年くらい続ければ、世界中から観光客を呼び込めそうだ。まず、今のうちにホテルとダイビングショップを買収し、トライシクルも5台くらい契約して、タウィタウィ観光ビジネスをすると巨大に儲かるな。以上、アイディアだけ。俺はやらない(笑)

〈停電〉

8:39から1分間。

〈いろんな早期退職〉

YouTubeには早期退職のリアルな情報が溢れている。反面教師も含め、参考になるものも沢山ある。タイのパタヤで月6万円生活…なんてものもある。どうやって、じっとその場所にとどまり、安い家、安い食費、安い娯楽で暮らすか…その追求は楽しそうだが、俺はやらない。俺は定住をしない。地球が俺の家。タヒチ、パリ、バリ、ニューカレドニア、フィジー、ブータン、行って見たいところ、それぞれで、それなりに暮らして見たいのだ。「世界で暮らす」をやるんだ。

〈ランチ散歩〉

これ、なんだろう?カムーティって言うらしいが、そう言われてもわからん。砂糖のようなハンペンのような豆腐のような。でも、あちこちで売られていて重要そうだ。

〈ゴミの山〉

大人から子どもまで、みんな平気でゴミを捨てる。しかもゴミのほとんどはビニール。風に飛ばされて海に落ちて、亀がクラゲと間違えて食べる。典型的な図がそこに有る。教育に期待される。

〈ガソリン販売〉

ガソリンスタンドは見かけない。ガソリンはこんな風に売られてます。1リットル60ペソ=150円。日本のガソリンは赤いよね。フィリピンでは黄色だよ。日本人だとガソリンが赤いって知ってる人は少ないかもね。フィリピン人はみんな知ってるよ。

〈ランチ〉

ここに来てから毎日「美味そうだなぁ」って思っていた焼き魚にチャレンジした。大きい魚は65、俺は小さめのを選んだら、「それは55だ」と良心的。他にも可愛い女の子がすすめるままにパパイヤサラダ見たいのと、黄色いきび団子みたいのとライスと炭酸ドリンクを頼んだ。スプーンもフォークも箸もないので、「だよな、当然、手だよな」って食べ出した。テーブルには手を洗うための水も用意されている。どのタイミングで手を洗うのかもわからない。食べてたらオーナーがスプーンを出してきた。ありがとうと言いながら最後まで手で食べた。トータル120ペソ。英語も通じない4人の女性店員がずーっと俺をチラ見して笑ってるんだよね。可愛かったぁ。

〈嗜好品の類〉

たぶんタバコ以上、麻薬未満。口の中でしばらく噛んでからぺって道端に吐き出すんだよね。うーん、いつ挑戦しようかなぁ。

〈期待は外れる〉

朝の散歩の時に人垣ができていたパン屋さん。みんな1回に15個くらい買ってた。仕入れかと思った。で、昼に通りかかったら空いてたので、2種類1個づつ買った。ふっくらしてないし、しっとりしてないし、パサパサだし、「これが美味いのか???」って思いつつ完食。フィリピンでは美味そうに見えたものがそうでもなく、不味そうだけど、YouTube的にいいかなって思ったものがうまいかも。

〈ドローン飛ばしてきた〉

また大勢が集まってきた

〈ドローン後の事件〉

ドローンの後、それぞれと握手したりハイタッチしたりして別れたんだけど、5歳くらいの男の子が俺と握手した後、その手を自分のおでこに持っていった。どういう意味なんだろうなぁって考えてるんだけど、たぶん彼なりの深い感謝の意だったんだろうなぁ。ネットが遅いから調べられない。明日、調べてみるわ。

〈TAWI-TAWIに女友だちができた〉

「なんか喉が渇いたなぁ」って思いながら街を歩いてたんだけど、どの飲み物も安いけど甘いんだよね…とそこに剥いたポメロらしきものをカップで売ってるおばさんがいて、ひとカップ10という。お金を払うと、そのカップに甘いソースをかけようとするので、「それはいらない」と止めていただいた。ちゃんと甘いし、みずみずしくてうまい。そのとなりにマスクしてるけど目元の美しい娘がいて、彼女は英語が話せて話が弾んだ。彼女は日本に来るのが夢で東京と大阪に行ってみたいと。「いま、日本人の友だちの招待状でビザが出るらしいから、俺と友だちになったらいいよ」って名刺を渡してきた。ホテルに帰ると速攻で友だち申請来てた。次にタウィタウィに来た時には有名な山へのガイドをしてくれることになった。つまり、もう一回来るな(笑)

〈格差社会〉

フィリピンにいると、1日100ペソ以内で暮らす人と1000ペソ以上で暮らす人の二つの層が有るんじゃ無いかと思えてきた。街で食べると5とか10とかのおかず、それとご飯は無料みたいな感じ。水も炭酸も20ペソ。普通の人の一食は60くらいじゃ無いかな。スキューバダイビングは2本で7500ペソ。ホテルは1350ペソ。中間の値段がない。もっとも流通している(汚く汚れている)紙幣は20ペソ紙幣。次が50ペソ。次が100ペソ。500と1000はキレイな紙幣が多い。みんなひっどいのを持ってる。お釣りをくれる時はみんなきったないやつを選んでくれるし、俺も支払いの時は汚い紙幣から出すようにしている。これがアメリカ(ハワイ)だと、「この紙幣は汚れてるからうちでは使えないよ」とか言われるんだけど、それが無いのは嬉しいけど…。

〈夕食〉

1番人気は?って聞いたら「なんちゃらステーキ」っていうので、それにした。で、出てきたのはこれ。飲み物付きで200。ま、いっか。追伸:食べ出したら美味い!(笑)

〈続:TAWI-TAWI女友だち〉

多分、読者の期待もあるかと思い、彼女に、「まだお店にいるかな?一緒に写真撮ろうと思って…」ってメッセージしたら、OKがでて行ってきた。マスクも取って美人だった。ただ、俺の肩に小人が立ってるんだよね。いーけど。またねって言って帰ってきた。

〈夜中の回線スピード〉

中国に住む娘(血縁はない)とチャットしてたら、0:50になってた。フィリピンと中国のその場所は同じ時間だと分かった。昼寝したのに元気だ。そこで気づいた。この時間だと、ネットがわりとサクサクだ。よし、でも寝るぞ!

以上

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • アトム不動産 代表

カレンダー

2022年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク