加藤進@永遠の旅行者
Language :

【台灣 5/6】

〈大晦日〉

2023年最後の1日を迎えた。今日は毎年恒例の十大ニュースと来年の抱負を考えないとならない日だな。めんどくさいけど、どーせ暇だからやるかな。大掃除とか、無いしな。

〈2023年の採点〉

出版は情熱が足りなかった。その他はお金が足りなかった。情熱とお金。それは老後に必要不可欠なものだな。

〈ものすごくツイてる!〉

あの、ファンキー末吉さんのライブのチケットが取れた。しかも、1番いい席で見れることが約束されている。嬉しい!!!

〈年末の移動〉

新竹から台中へ。混んでた。電車は座れなかった。指定席も売り切れてた。

〈台中〉

セブ留学で知り合ったMr.Johnの世話になった。いろいろ連れて行ってくれた。

〈ランチ〉

〈Mr.John的もてなし〉

1年前も世話になったのだが、彼流のもてなしなのか、これが台湾流なのかわからないが、とにかくもてなしてくれるんだよね。まず、10分以上も前に駅に迎えに来てくれる。科学館や植物園の入館料を出してくれる。移動に使うUberの費用を出してくれる。ランチの費用を出してくれる。ランチではせっせと私の皿に食べ物を運んでくれる。ランチ後の珈琲も出してくれる。帰りはバスにしたんだけど、バスターミナルまで来てくれて、台北までのバス代も出してくれる。感謝。Mr.John.

〈台北駅〉

ここ、毎年来てるなぁ。やっぱりみんな座ってる。

〈帰り方、決めた〉

バスを乗り継いで…とか考えたけど、素直に朝までホームレスすることにした。

〈夜の下見〉

台北101に21:00過ぎに来た。例の儀式の3時間前だ。すでに大勢の人たちが場所をとっていた。今年は正面がわからない。おかげでビルを一周した。やはり市政府側がなんとなく正面だと当たりをつけてコーヒーショップで座って過ごす。すごく混んでるんだけど、1人だと座れるんだよね。1人で良かった_| ̄|○。街は花火あげる前から美しいぞ。

〈感謝〉

日本ではあと40分で新年なんだよね。他の人みたいに、何か感謝してみようかなーって思った。でも、社員とか会社とか無いし、家族も解散したしね。まず初めに、俺にお金を貸してくれてる金融機関や個人のみなさん、みなさんからお借りした浄財によって、私はこのように遊んで暮らせてます。ありがとうございます。飛行機のパイロット、客室乗務員、グランドスタッフ、整備の人たち、株主たち、ありがとう。ホテルは高くなったから、感謝しない。社交ダンス、タップダンスの先生方、サルサを企画してくれる人たち、スタバの加藤進理解者のみなさん、寂しい俺とご飯食べてくれる人たち。困った時の民主商工会。あと、地球とか太陽とか、月とか海とか。加藤進専属の神様、いつもありがとう。2024年は2023年の倍くらい、もっともっと遊んで暮らしたいですので、よろしくお願いします。

〈さいごに〉

これを読んだ全ての人が、過去最高の2024年を迎えられるよう、心から願うし、俺の専属の神様に頼んでおくから。だから、もう大丈夫だよ!

2023年12月31日、日本時間23:38

あなたの、加藤進。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • アトム不動産 代表

カレンダー

2024年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク