加藤進@北海道函館市の日記(ブログ)
Language :

第4回 立待岬

どうなる? 若者の老後
加藤 進
おじいちゃんおばあちゃんのイメージは「お金持ち」である。道東に住んでいた私たち家族が函館の祖父母の家に行くととてもかわいがられ、年末年始にお年玉を3回もらった記憶がある。大晦日に、「明日、忘れたら困るから、はい、お年玉」。お正月に「はい。お年玉」。「昨日もらったよ」と言うと、「あれはもう昨年の話」。そして1月2日にも「いやー、忘れてた。はい、お年玉」。もちろんユーモアなのだが、あの温かい雰囲気が忘れられない。
お金持ちのお年寄りは幸せだ。何よりも誰の経済的な世話にもならず自立して生きていける。子や孫のためにお金を使うこともできるし、それによって頼られたり好かれたりもする。最終的には有料老人ホームに入って、高価なところであれば、身の回りのことは何でもしてくれる。
もちろん身を粉にして日本と地域の発展のために尽くしてきた高齢者のみなさんには当然の待遇だと私は考えるし、それでも足りないとすら思う。35年から40年以上も勤めあげ、年金や各種保険を払ってきたみなさんですから、それに見合った退職金を受け、月々の年金を受け取りながら生活するのは当然です。
少子高齢化社会と言われていますが、高齢者にお金があるうちはそれ自体がビジネスのターゲットにもなり、経済も活性化するでしょう。しかし、20年後にはどんな高齢者が誕生しているでしょうか。厚生労働省の調査によると労働者の3分の1は非正規雇用と言われ、その割合は年々増えています。非正規雇用の場合、社会保険や厚生年金はかからないことも多いですし、退職金ももちろん期待できない。国民年金も滞納せざるを得ない。
日本政府は国会を2度も延長し、今月15日、民意の審判を受けていない衆議院で「油を外国の艦船に無料で提供する法律」を再可決しました。こだわる場所を間違っているでしょう。道南に住むみなさん、そろそろ低投票率で政治を見守るのはやめませんか。
(本文 791文字)
(有限会社みのり 代表取締役)

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)
加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • 有限会社みのり 代表取締役社長
  • ホテル シャローム・イン2 オーナー
  • カプセルホテル函館 オーナー経営者

カレンダー

2019年12月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク