加藤進@北海道函館市の日記(ブログ)
Language :

科学の進歩は人類を不幸にする

資本主義社会において、科学はもっとも急速に進歩する。競争が全てに優先するからである。他よりも1分でも早く開発し、製品化し市場に出し、市場のシェアを占めなければならない。携帯電話だって驚くほどのスピードで進化するし、パソコンだって年に4回、リニューアルする。
しかし、科学の進歩は人類を不幸へと導いていく。
科学技術が人間の働く場所を次々奪っていくからだ。自動車製造ラインも多くがロボットにとってかわった。1等地に立地し、優秀な職員を置いていた銀行はネットバンクに置き換えられ、もっとも人手が必要だった農作業はトラクターが100人分以上も働き、産業別で言えば、第1次産業と第2次産業はほとんど科学技術の進歩によって人間がいらなくなってしまった。だから第3次産業・・・つまりサービス業だけが増えてきているのである。
科学技術が進歩すればするほど、人間の働く場所がなくなっていくのである。
働く場所がなくなるという事は、給料をもらう人が減るという事であり、消費者とかその購買意欲というものが減っていくという事で、社会は収束する方向に向かっていく。
科学の進歩がもたらすものは次の2点に要約される。
① 膨大な生産が可能
② 人間の労働はわずかでOK
打開する方法は、国家による「規制強化」である。「規制緩和」は大企業の好き放題を許し、雇用の不安定化につながる。小さな政府でなくていい。強い政府として大企業の横暴を許さず、規制を強化して欲しい。ま、大企業から献金をもらってる政党には絶対にできない夢物語だが・・・。
規制強化とは(たとえば・・・)
・ 正規職員以外の労働者の賃金は正規職員よりも10%UP。
・ 有給休暇は100%取らせないと罰則がある。
・ 時間外労働は15分から残業手当を支給
・ サービス残業をさせた経営者には罰則
・ 労働時間を週30時間制(週5日、1日6時間労働)にする
・ 最低賃金を現行の25%アップ
これは企業努力ではできないのですよ。いくら加藤進でも自社で実践できません。これは国家が法によって、全ての企業に規制し、強化しなければできません。
ただ、これをすると100%雇用が実現し、購買力があがり、余暇時間も増え、経済がまわるのだ。
俺を総理大臣にしてくれ。
私は
「平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。(日本国憲法前文より)」
のである。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • 有限会社みのり 代表取締役社長
  • ホテル シャローム・イン2 オーナー
  • カプセルホテル函館 オーナー経営者

カレンダー

2020年10月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク