加藤進@北海道函館市の日記(ブログ)
Language :

平和憲法を守るたたかい

私が小さかった時・・・いや大学生のときでも平和憲法を攻撃しようとする人はいなかった。いや、いても黒い街宣車に乗った特攻服の人たちだけだった。
今は自民も公明も民主も競い合って憲法を変えようとしている。
前にも書いたが、この憲法改悪の狙いはあからさまに「9条」である。
第九条【戦争放棄、軍備及び交戦権の否認】

 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
何度読んでも惚れ惚れする。世界に誇れる素晴らしい条文だ。日本がこの60年間、軍によって1人も他国の人を殺していない・・・その基礎となっている条文だ。
しかし、改憲したい人たちがもっとも変えたがっているのが9条である。他の部分はゴミである。とにかく9条を変え、戦争できる国にしようとしている。
憲法を変える手続きは次の通り。
第九十六条【憲法改正の手続】

 この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。
自公だけで衆院の3分の2は確保した。彼らの夢が一歩近づいた。
私は彼らの夢を打ち砕いて、娘と息子に戦争のない国を渡すために頑張るのだ。
おっとーはたたかうぞ。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (3)

コメント

  1. うどん屋パパ より:

    今日は、加藤さん。
    自民が大勝しましたね。只、今回の選挙は郵政民営化に賛成か反対か、の一点に争点をすり替えた選挙でした。ですから今後憲法を変える時が来たら、憲法の何処を変えるのかを明らかにし国民投票に必ずかける事を要求します!!
    国民は、何をやっても良いと白紙委任した訳では有りません。

  2. ジョニィ より:

    いつも思うのですが、そんなに9条がすばらしい憲法なら、60年間どの国もどうして真似していないのでしょうか……?
    9条をよい、よい、と言う人は、誰もこれに納得する答えを返してくれません。
    交戦権・軍備の放棄とは、ウィルスバスターもノートンもなにもなしでインターネットに接続しているようなものです。
    それで大切なデータを失っても誰も助けてはくれません。
    パソコンサポートは「ウィルス対策を怠ったお客様の責任です」と答えるでしょう。
    9条を大事に持って攻撃を受け、あなたの大切な息子や娘が侵略者によって殺されても、世界はこう応じるでしょう。
    「侵略への備えを怠った、あなたの国の責任です」と。

  3. 加藤弘二 より:

    9月20日のコメントの送信をミスっちゃって御免なさい。
     9条をそのまま理解すると「自衛権」まで否定することになるから、世界の国々には広がらないと思うのです。独立した国にとって自分の国を守る権利「自衛権」はとても重要なことです。
     1941年生まれの私が終戦を迎えたときは1945年8月でもうじき4歳になるときのことでした。食べるものも着るものもない貧しい時代でした。その貧しさは二十歳になるまで続いていました。多感であった15歳、中学3年生のときに社会科で憲法9条に出会いました。「戦争の惨禍」をず~と引きずっていましたから、憲法9条と25条が特に印象にあります。これが実現できたら平和と暮らしが守れるって。
     敗戦後まもなく進駐軍(米国)が、日本を支配することになりました。沖縄、神奈川、長崎、広島、札幌、大阪など主要都市周辺に巨大な米軍基地があるでしょう。戦後60年いささかも弱まることなく強化されています。日本の自衛隊は米軍の補完役として育てられてきました。日米合同演習は年間330日も国の内外で実施されています。アフガニスタン侵攻以来、米航空母艦に自衛隊がインド洋まで燃料や砲弾を運んでいます。完全武装して(人道支援)にイラクまで出かけていますが、宿営地から一歩も出られないのが現状でしょう。とにかく武装して海外に出かけている実績が政府にとっては重要なのです。「実態にあった改革が必要」なわけですから。
     日米安保条約があり、日本は米軍のやることなすこと従わなければならない状況にあります。アフガンやイラクへの侵攻にいち早く賛意を示したのが日本政府でしょう。米国と緊密な軍事同盟を結んでいる国は日本をおいてありません。アジア、アフリカ、ラテンアメリカなど多くの国々は、非同盟中立で、「戦争」で問題解決をする立場ではなく、「話し合い」で問題解決しようとする国々が多いのです。日米安保条約のある中で「自衛権」を主張するのは、米軍と一緒に世界制覇を「戦争」によって成し遂げることに通じるでしょう。日米軍事同盟を廃棄して、「戦争をしない国宣言」をして、国民の総意に基づいて「国を守る手立て(自衛権)」を実現したらよいでしょう。
     その後憲法を学ぶ機会がいくつもあって、憲法9条を作ったのも、発布後まもなく再軍備(自衛隊)するのも、今回憲法9条を改定して「軍隊」にするよう求めているのもアメリカであることが分かりました。
     「国民の暮らしを守れない(生活できない悲惨な暮らし)」ような自民党政府が、「外国からの侵略から国を守るのが最高の福祉だ」といい始めたのは、きっと国民受けをするのでしょうね。国民の判断を間違わせるような大ウソには気をつけたいものですね。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • 有限会社みのり 代表取締役社長
  • ホテル シャローム・イン2 オーナー
  • カプセルホテル函館 オーナー経営者

カレンダー

2020年9月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク