加藤進@北海道函館市の日記(ブログ)
Language :

骨髄移植推進財団からの封書

今日、骨髄移植推進財団というところから角3の大きさの封筒が届いた。日本骨髄バンクという文字とそのロゴマークが書かれており、また、「重要」「親展」と朱書してある。私はどんな内容なのかおおそよの予想がついた。そして封を開けてもいないのになんだか小躍りしていた。俺を待っている人がいる・・・。そんな気持ちだった。
骨髄バンクに登録されている患者さんの中に白血球の型(HLA型)が私と一致する人がいらっしゃるという事で、あらためて意思を確認する手紙だった。もちろん私の意志は登録の時から決まっており、本日中に送った。
登録して半年と立たずにこのような機会が訪れるとは思わなかった。ただ、実際に骨髄を提供するところまでにもいくつものハードルがあるようなので、返事を待ちたい。
この件については、進展があればブログに書いていこうと思うが、骨髄提供に関する日時や場所など、患者さんが特定されてしまう可能性のある情報は書けない事になっています。
このブログを読んで、一人でも多くの人が骨髄バンクに登録される事を祈念します。
前回の骨髄バンクに関する文章はこちら

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • 有限会社みのり 代表取締役社長
  • ホテル シャローム・イン2 オーナー
  • カプセルホテル函館 オーナー経営者

カレンダー

2020年10月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク