加藤進@北海道函館市の日記(ブログ)
Language :

さびれる駅前

苫小牧に出張した時、うわさを耳にした。
「駅と隣接している丸井今井が撤退する。その向かいにあるダイエーも無くなる」というものだ。真偽はよくわからないが、とにかく駅の周辺からさびしくなっていく現象は何ともいえない悲しさがある。
どこの町でも郊外型の新しい商圏が力をつけていく。その後はどうなるんだろう。
ただ、この郊外活性化には法則がある。そのようになっていく必然性があるのだ。函館も駅前は大変だし、岩見沢も駅前はさびしい。そんな必然性の科学を無視して、「駅前商店街の活性化」などといって、行政がお金をばらまいたり、商店街のみなさんが一生懸命お祭騒ぎをしたところで、無理なものは無理で、疲労だけが残る。やはり商売とか街づくりというのは社会科学という科学の分野なんだな。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • アトム不動産 代表

カレンダー

2021年12月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク