加藤進@北海道函館市の日記(ブログ)
Language :

焼身自殺禁止

主張したいことがあれば、寿命が来るまで言い続ければいいじゃないか。
焼身自殺をともなう主張は卑怯である。
自分の考えを主張する手段としては選択肢に入れてはいけない。
4割の得票で8割の議席が取れる小選挙区制など、日本の民主主義は捻じ曲げられてはいるが、言論の自由は憲法で保障されている。表現の自由も憲法で保障されている。
しかし、焼身自殺は公共の福祉に決定的に反する。自分で自分のお片付けできないしね。
日本にはまだ民主主義がある。粘り強い闘いで、選挙で、無血で革命を起こそう。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (1)

コメント

  1. かみお より:

    確かにあの焼身自殺の件は行き過ぎかも知れませんが、あのような行為をしなければ多くの国民は日本の危機というのを理解してくれないのです。「♪フランシーヌの場合は~」という歌がありますが、私はあの歌に出てくる焼身自殺した方を批判する事はできません。
    政治家にしても、セクハラやじを飛ばす奴とか、号泣会見する奴とか、タクシーを蹴飛ばしたりする奴がなんかはとても信用できないですし、今の政党そのものもどうなのかなぁ、と思う次第です。真の意味でのリベラル勢力が出てきたら支持しますが、戦争や原発を肯定するような政党はとてもでありませんが、投票したくないですね。来年の統一地方選挙も期待できないですね。

加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • 有限会社みのり 代表取締役社長
  • ホテル シャローム・イン2 オーナー
  • カプセルホテル函館 オーナー経営者

カレンダー

2020年10月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク