加藤進@北海道函館市の日記(ブログ)
Language :

たったひとつのたからもの

というタイトルだったと思う。
後で聞くと、妻がお友だちからテレビの録画を借りたものだったらしい。
ダウン症の子どもを授かった夫婦が「余命1年」と宣告され・・・小学校上がる前まで育てていく物語だ。松田聖子の演技は良かった。旦那も良い役者だった。
それにしても泣いた。ほとんど慟哭。使ったティッシュペーパーは30枚くらいかな。終わった時にはティッシュの山になっていた。父親になっている自分だからこそ感情移入が大きかった。涙がかれるほど泣いた。
ダウン症の人は顔に特徴があり、私でも大体判別がつく。しかし、言葉を交わしたことがない。このドラマでかなり身近になった。ダウン症の人ともなにか共感できる体験がしたいと思った。しかし、こうして書いているだけでも場面を思い出して涙が浮かぶ。子どもを失う親の気持ちというのは計り知れない。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • 有限会社みのり 代表取締役社長
  • ホテル シャローム・イン2 オーナー
  • カプセルホテル函館 オーナー経営者

カレンダー

2021年2月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク