加藤進@北海道函館市の日記(ブログ)
Language :

障害者の就業を考える

障害者には大きく3つの区分があるらしい。知的障害者、身体障害者、精神障害者。1週間ほど前にこの事を知った。私は障害者のことを知らな過ぎる。知らな過ぎることを知った最近である。ソクラテスの言ってた「無知の知」というやつだ。
企業が障害者を採用する。理由は
① 義務だから(○○名に1名は障害者を雇用する事・・・というきまりがある)
② 入札が欲しいから(障害者の雇用をしていると、入札に有利になる)
③ 助成金がついてくるから
俺は、「それでいいのか」って思う。
私は「障害があるからこその優れた面って言うのがあって、そこを活用すれば障害の無い人よりも大きな成果があげられる・・・そんな仕事があるんじゃないか・・・」と最近考えている。
しかし、実態は行政が何らかの強制かアメ(助成金)をつけないと、採用されないという事のようだ。
「資本主義社会」という枠組みの中では、障害者の真の幸せであるとか、人間としての平等であるとか、そういう事は実現不可能なのではないかと思う。
弱い会社がつぶれ、強い会社が勝つ。強い会社は強い人間を働かせ、弱い人間を解雇する。多くの会社は人件費を削減するために、正社員ではなく、契約社員やパートなど、不安定な雇用で会社を運営する。就職するためにも熾烈な競争がある。ある大学生は40社の就職試験にいどみ、40社から内定を受け取る。同じ大学のある大学生は40社の就職試験にいどみ、1社も内定が来ない。大学生(私の例は国立)であってもこのような激烈な競争である。
資本主義社会というのは「競争」が「人間」よりも優先される社会である。
今回の列車の事故にも当てはまると私は見る。
人間以上に大事にされるものがある社会において、障害者が人間として尊重されるというのは絵空事のような気がする。
資本主義社会という枠組みを壊して、人間や命がもっと大切にされ、時間もゆったりと流れ、全ての人間が共存共栄できる社会を目指す必要があるな。
これだけの生産力があるんだから、人間の英知をもってすれば、そこに行き着くのが必然でしょう。あとは、そこまでの時間を短くするために、人生をかけるって事だな。
もちろん俺は、資本主義の次の時代を待つ事無く、優れた人材を障害者の中からも発掘し、正当で平等な評価の中で、私以上の賃金を取らせられるような、そんなプランを考え、実行したいと考えている。
6月末、プランの完成を期待している。A社員、K社員。君たちに期待しているのだよ。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • 有限会社みのり 代表取締役社長
  • ホテル シャローム・イン2 オーナー
  • カプセルホテル函館 オーナー経営者

カレンダー

2019年12月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク