加藤進@北海道函館市の日記(ブログ)
Language :

加藤進の子育て実践②-答える

子どもには「なぜなぜどうしての時期」というのが必ずある。言葉が話せるようになったころには、あれなーに、これなーに、だが、もう少し進歩してくると、「どうして○○なの?」「なんでー?」が始まる。
一般的には5~6回続いたところで、「あー、うるさい。そんな事、どーだっていーでしょ」となりがちじゃないだろうか。私は結婚する前からそういう親たちを見てきて、「俺が親になったら・・・」と決意していた事がある。それは
① 「なぜなぜどうして」攻撃には100%応戦する(答える)。
② ゴマカシじゃなく、可能な限り科学的にわかりやすく答える。
わかりたい事をわからないままにしておく不快感に慣れさせるのではなく、
わかりたい事をわかるという知的快感をたくさん味あわせておきたいと思うからである。
子どもの質問に何でも答えられるのはそう長くは無い。せめて小学校にあがるまでは、「どんなことでも知っているおっとー」でいようと考えている。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • 有限会社みのり 代表取締役社長
  • ホテル シャローム・イン2 オーナー
  • カプセルホテル函館 オーナー経営者

カレンダー

2019年12月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク