加藤進@北海道函館市の日記(ブログ)
Language :

差出人のないお手紙

昨日、3時間にもおよぶ出口の見えない経営会議のあと。
「お疲れ様でしたー」と言って戻った自分のデスクに1枚のはがきが。
これを受け取った私の気持ちを可能な限りリアルにお伝えしたいため、
このはがきの両面をここで公開する。
私はあまり人から批判されることが無い。
だから昨夜からずうっと考えてきた。
そして一つの結論に達した。
この人は加藤進をわかっていないし、決定的に誤解している。
そう、これは誤解だ。
ただ、誤解される事ってあるんだよ。例えばね。
折角雇った新入社員を14日以内で解雇することがあるんだ。
もちろんよっぽどの理由があるんだけどね。
その人のお母さんには理由は告げないのさ。
お母さんは会社と私を誤解するだろうね。でも、お母さんには説明しないよ。それが社会であり、会社というものでしょ。
ま、これは例えですけどね。
そう、昨夜からいろいろ考えた。
ずうっと考えた。
でも、俺には裏も表もないし、自分にも社会にも正直に生きているし、人に陥れられた事はあっても、陥れた事はないし、間違った生き方はしてない。そういう確信に至った。
私程度の大したことない方ですが、若者の雇用を生み出し、少しでも多い給料を払って、一人でも多くの人の幸せに貢献したい・・・その願いは本物です。ま、信じてもらえなくてもいいんだ。
末筆ですが、残念ながら、どこのどなたかはわかりませんが、自分を見つめなおす機会を与えてくださったことに、心から感謝申し上げます。
さて、仕事すっか。まだ朝の8時じゃん。

CA3C0524.jpg
CA3C0523.jpg
posted by かとうすすむ  日記  コメント (3)

コメント

  1. 梨菜子 より:

    わざわざハガキ送ってくるなんて。
    この文章読むと●●●●だし、社長のことわかってないって思います。
    こういうこと言う人間って、●●●●●●●●に違いない。
    社長より年上の人でしょうね。
    おかげで(怒りで)元気出ました。
    (一部、梨菜子さんにふさわしくない、過激表現となっていたため、伏字にしました。)

  2. みつお より:

     見事な展開で「公開」となりました。良かった。
     手紙をくれた人、面と向かって言えなかったのね。
     でも これって、陰湿なモラル・ハラスメント(モラハラ)。一人で悩むことは無い。「公開」が一番。
     
     社長のブログで、おかしな(あほな)所もたまたまあるが、おかしな所もあって良いじゃない。人間だもの。
     
     たまにこんな批判の手紙をもらえるなんて、社長は幸せ者ですよ。
     小人(商人)は、このようにして小人達に鍛えられて、大きくなっていくんだね。感謝、感謝。
     理想に生き、他人を喜ばせ、楽しく生きていくのが一番。  北海道はでっかいどー!!!

  3. タイの加藤@洪水中 より:

    函館の加藤さんは何いわれてもビクともしないから(笑)周りのひとは批判しづらい。このハガキのひとは陰湿とかの性格ではなくて精一杯の批判であったのではと思われます。これは誤解だと思われるのなら、なぜ?という自分自身への探求が必要となります。

加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • 有限会社みのり 代表取締役社長
  • ホテル シャローム・イン2 オーナー
  • カプセルホテル函館 オーナー経営者

カレンダー

2020年9月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク