加藤進@北海道函館市の日記(ブログ)
Language :

安全講習報告

朝8時半に家族全員で会場に到着。天気は雨。
勉強家の人数は33名。その中に知り合いが2名いまして、うれしいような悲しいような。一人は道南メーリングリストの仲間。すぐ後ろの席から「加藤さん」と声をかけられた時はびっくりした。もう一人は函館市倫理法人会のIさん。倫理っていったい・・・。
最後に見たビデオではやっぱり泣いてしまった。っていうより号泣・嗚咽状態。
次男を事故で失った家族、お母さんの言葉。
「被害者と加害者では被害者のほうがつらいです。加害者はやり直したり未来に向かうことができます。被害者はもう帰ってきません」
亡くなった子どもの遺品を前に、「もうこの子の思い出の品は増えることがないんです」
奥さんと娘さんをいっぺんに交通事故で失い、息子さんを男手ひとつで育てているお父さん。
「遺品の整理ができません。とくに衣類。見るだけで、ダメです」。衣類の箱を前に男泣きに泣きます。
旦那を失い、女手ひとつで娘さんを育てているお母さん
「どんな慰めの言葉も私を傷つける。親戚も友だちも誰もいないところにいきたい・・・」
交通事故は本当にこわい。1年に1万人以上も交通事故で死にます。
1万人の死者にはそれをはるかに上回る遺族がいるわけです。
安全運転しよう・・・決意を新たにしました。
それから自分の子どもを事故にあわせないように教育する必要性を痛感しました。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • 有限会社みのり 代表取締役社長
  • ホテル シャローム・イン2 オーナー
  • カプセルホテル函館 オーナー経営者

カレンダー

2020年10月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク