加藤進@北海道函館市の日記(ブログ)
Language :

駒大苫小牧の春の選抜辞退判断は間違っている。

不祥事を起こしたのは3月1日に卒業式を終えた3年生である。3月の3年生が野球部員であるということも不思議なくらいだ。すでにOBと言っていいではないか。春の選抜に出場する1・2年生は全く無関係である。そこまで連帯責任を取る必要は無い。
出場辞退は学校が決めている。そこには生徒の自主性がない。
今回の決定より、飲酒・喫煙した3年生とその親は一生の傷を負うことになる。また、出場を予定していた1・2年生やその親は一生、この3年生の先輩を恨むことになる。苫小牧のような小さな町で、しかも、問題は18歳の子どもが酒やタバコをやったっていう小さな問題だ。問題を起こした個人をとがめればいいじゃないか。
部長も監督も学校長も、1・2年生のまじめにがんばっている選手を最後まで擁護すべきだった。上位組織に対しても「出場させてください」って土下座すればよかったんだ。その上で、上位組織が「No」といった段階で「総辞職」すればいいのだ。
出場は辞退、決定した自分たちは責任を取って辞職・・・かっこいいようでかっこ悪い。「子どもの教育」という視点がまるで無い。補導された3年生にそんなにもたくさんの重荷を負わせていいのか。本当に困った学校だ。よくもこんなアホな指導部で連続優勝ができたものだと呆れてしまう。
部長も監督も学校長も、辞職なんてするな。まじめにがんばっている1・2年生の部員とともに世間と闘え。若いんだから失敗もするんだ。その失敗を取り返しのつかないものにするのかどうかは大人の責任だ。切腹は卑怯者のすることだ。生きて最後まで子どものために、教育のために闘うのだ。わかったかー。
しょうがねーなー。また月曜日にFAX送るか・・・。いや、早いほうがいいから電報にするか。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (2)

コメント

  1. サカグチ より:

    その通り!
    私もこの件ではモヤモヤを感じてましたが・・・
    そうなんですよね、
    切腹は卑怯者のすること、その通り!
    あんまり気持ちのいい文章だったので、
    私のブログで紹介してしまいました。
    (事後報告ですみません、
     問題ありましたらご連絡ください。)

  2. tatsu より:

    初めまして。tatsuと申します。
    この意見に共感を持ちましたのでコメントします。
    まさに「逃げの一手」とはこのことかと。
    マスコミとかに叩かれ様が、闘えばいいんですよ!
    大した問題じゃないんだから。
    OBの責任も在校生の責任というのなら、世の中連帯責任だらけになっちゃいますし。
    まぁ、某建設関係の事件の様な人の命にかかわる問題なら別ですけど(汗)
    飲酒・喫煙なんて個人の問題。
    こんな問題で球児や道民の夢を奪い取るなんてあんまりです。
    2連覇でどんだけ道民に元気を与えてくれたかわかってるんですかね、学校は。
    でわ。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • 有限会社みのり 代表取締役社長
  • ホテル シャローム・イン2 オーナー
  • カプセルホテル函館 オーナー経営者

カレンダー

2019年12月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク