加藤進@北海道函館市の日記(ブログ)
Language :

ベトナムでの恐怖

ベトナムで恐怖体験をした。
フィリピン人の男が、ブラックジャックゲームを教えてくれるという。
のこのこと着いていったら、実際にブラックジャックのルールを教えてくれた。そしてイカサマの方法を伝授してくれた。そして、彼が親をやり、私にイカサマをやれという。そして、誰かをハメて大もうけしようっていう話だった。
そこまではとてもフレンドリーで気前のいい男だったが、「ごめん。悪いけど、俺は真実に生きてる男なんだ。こういうことはできない」と断った。何度も何度も誘われて、何度も何度も断った。そして彼は怒りの顔で沈黙した。私は申し訳ない気持ちと毅然とした態度を一生懸命に表現し、沈黙した。本当は1~2分くらいの沈黙だったと思うが、5分くらいに感じだ。
「お前、金をいくら持ってる?」と言われた。私はポケットの金を全部出して見せた。10ドル紙幣3枚と、ベトナムのドン紙幣がたぶん日本円で2000円分くらいだったと思う。
彼:これだけしか無いのか?
私:うん。あとはホテルのセーフティーボックスだ。
彼:俺の怒りを静めるために、少しでいいから金をくれないか?
私:俺もチープな旅をしている。これで許してくれ。
私は10ドル紙幣を1枚差し出した。
彼:ありがとう。すまない。もう行っていい。
こうして、私は恐怖の世界から解放された。
ホテルに帰って、同じ階の人にこのことを話すと、それは良くある詐欺の手口だよって言われた。そのまま付き合っていたら、あなたが他の二人にはめられて、膨大な支払いをさせられるんだよ・・・だって。
帰国して調べたらあったわ。
http://www.hcmcgj.vn.emb-japan.go.jp/3/hojin/080227_ikasamatobaku.htm
やっぱり正直者は正直に生きたほうがいいんだな。
それにしても疑問なのが、どうして10ドルだったのか?
10ドルで許したのか?
ホテルにはあるって言ったんだから、30ドルとれば良かったのに?
それとも、俺の英語が通じなかったのか(笑)
今回の教訓
1、逃げられない場所について行ってはいけない。
2、悪いことをして儲けようとしてはいけない。
3、失っても大丈夫な金額を持ち歩く。(リスクマネジメント)
かな。
PS:実際は猛烈に恐かった・・・。(汗)

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)
加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • 有限会社みのり 代表取締役社長
  • ホテル シャローム・イン2 オーナー
  • カプセルホテル函館 オーナー経営者

カレンダー

2020年11月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク