加藤進@永遠の旅行者
Language :

フィリピンの永住権とアニュアルレポート

〈2年以上ぶりの渡比〉

2020年1月以来の渡比。アニュアルレポートは2021年2月にエージェントを使ってやっていたし、再入国許可証もエージェントを使って2021年2月にゲットしていたが、いずれも期限切れ。どんなペナルティがあるかな…俺はほんとに入国できるのかな?と思いつつ、2022年6月1日にマニラの空港に降り立った。

〈入国時のイミグレ〉

流石にイミグレーションは素直に通してくれない。期限切れの2枚のレシートコピーを見せるが、「期限切れだから…、彼について行って」と担当官をあてがわれ、大移動。移動した先は国内線のイミグレの会計係。その場で2020ペソを支払い、イミグレスタンプ付きのレシートをもらって、担当官に付き添われてまたまた国際線の入国ゲートへ。そうして、入国はかなった。所要時間はちょうど1時間。

〈アニュアルレポートAnnual Report〉

6月6日にWEBでチェック。どうやらWEBで日時を予約し、その時間に行かなければならない。私は翌日の6月7日11:00amで予約し、フィリピンイミグレの本部であるBureau of Immigration Head Officeに行くことにした。WEBでの予約と同時にAnnual Reportの作成ウェブとなり、そのままサクサクと作成し、完了するとバーコードが出たのでそれをスクショし翌日に備えた。

〈Bureau of Immigration Head Office〉

LRTと徒歩で現地へ。いつも通りの活気が戻っていた。入口のガードマンにはアポイントメントありの写真とACR-Iカードとワクチン接種証明を見せることで中に入れた。スタッフに「Annual Reportの場所はどこ?」って聞いたら、窓口11だよって教えてくれた。とくに順番もないようなので窓口に行き、言われるままにパスポート、ACR-Iカード、期限の過ぎた2枚の書類などを提出した。レシートを一枚くれて「会計に行け、14番窓口だ」とのこと。レシートを見ると310ペソだ。やった!ペナルティがないぞ!いえーい!って思った。アニュアルレポートは本来、1月か2月にやらなければならないもので、その期限を過ぎると1ヶ月につき200ペソのペナルティがつくのだ。本当なら4ヶ月分800ペソのペナルティのはずが免除されてる。会計はこのレシートの通り支払うだけだから大丈夫…って思ったら甘かった。14番窓口ではレシートしか出さなかったら、ACR-Iカードやパスポートを求められ、2020年月以来、来てないじゃないか。2021年のアニュアルレポートはどうやったんだ?「エージェントを使ったんだよ」その時、パスポートはどうしたんだ?「郵送したんだよ」嫁さんはフィリピン人か?「日本人だよ」一緒じゃないのか?「彼女は飛行機が嫌いなんだよ」たくさんのペナルティが掛かることになるよ「それは困る。俺だってフィリピンが大好きでずーっと来たかったけど、世界はパンデミック、フィリピンはロックダウンで来れなかったんだよ。そこ、理解してよ。ね!ね!」ってやったら310ペソの請求で終わった。熱意って伝わるけど、めっちゃ疲れた。

〈自分でやること!〉

イミグレの手続きはエージェントを使ってすることができる。2万円くらいだ。日本にいながらやることもできる。でも、自分でやるって大切だと思うんだ。うまく行かなくて、失敗してからエージェントっていう手もある。いろんな経験して、永住権をもつにふさわしい「なんちゃってフィリピーノ」になれるんだと思う。これからも自分でやる…にこだわっていきたい。

以上、アニュアルレポート リポートでした。

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • アトム不動産 代表

カレンダー

2022年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク