加藤進@永遠の旅行者
Language :

【函館 1/2】

〈さすが、東京〉

東京の人は表札を出さない。郵便局の人、大変だよなぁ。田舎から出てきた人だけが、表札をつける。「田舎者センサー」とかいらない。

〈ピンチ〉

今日は社交ダンスの発表会。飛行機はガンガン天候調査が入ってる。とりあえず、9:40発と12:50発の予約は入れた。14:40発は満席。さあ、どっちに乗るか。難しい判断だ。それにしても、プロのダンサーはやはり前日には現地入りしていないとダメだな。

〈ラウンジ〉

ピンチではあるが、ダイヤモンドとして、ラウンジは使いたい。今日はすいてて、ビジネスデスクが空いてた。働いてないけど、いい気分なんだよね。今日、初めて食べ物を我慢した。とても大きな誘惑だった。

〈真冬日〉

今日から1週間。真冬日が続く。水道凍結が心配だな。

〈とりあえず、飛んだ〉

〈機内で〉

某書店の店長に「加藤さん」って声かけられた。仕事じゃない彼女も素敵だった。座席の右後ろの人にチーフパーサーが挨拶してて、ダイヤである俺に挨拶しないのに…と思ってチラ見したら、函館市長だった。国会議員は特別な航空券だと思うが、市長は普通の人だよな。チーフパーサーはどうしてわかったんだろう?

〈無事、着陸〉

〈学び〉

昨日も紹介したこの本、すごいわ。いろいろ学べて面白い。40代、50代の富裕層にオススメ。

〈本から学んだ事1〉

相続は生きてるうちに。死んでから遺産を相続するなんて3Rだって言ってた。遺産相続って、「いつ、誰に、いくら」の3つとも曖昧なんだって。例えばさ、85歳で死ぬとさ、相続する子どもは60歳なわけよ。そんな時にお金もらっても遅いのさ。お金が本当に価値を持って使われるのが26歳から35歳くらいなんじゃないの?って提起してた。なるほどねって思った。ちなみに俺は子どもたちには残さないつもりだ。子どもには魚ではなく、魚の釣り方を教えるべきだ。なーんちゃって(笑)

〈本から学んだ事2〉

若いうちに金は使え。みーんな老後のためにお金を貯めたり、投資したりするけど、年取ったら体力が落ちていって、できないことが多くなって、お金使いたくても使えなくなるんだよって。俺は飛行機乗って、ホテル泊まって、自炊して、スキューバダイビングして、スノーボードして、社交ダンス、タップダンス、サルサ、アルゼンチンタンゴ、ズンバ、バイクで日本一周、自転車で日本縦断、自転車で台湾一周。金も体力も使って楽しんでるなぁって思った。

〈退職後のメモ〉

机の裏から出てきた。これができる人って1%いるのかなぁ。そうなんだよ。俺はできてるんだ。

〈空港へ〉

俺の次の飛行機で函館に戻る人をお迎えに行ったら50分遅れだった。お迎えできずにリハーサルに向かった。

〈リハ〉

〈激しく楽しいパーティーだった〉

自分のダンスもまずまず踊れた。ダンスタイムには可愛い女性と踊ることができた。料理も美味しかったよ。

以上

posted by かとうすすむ  日記  コメント (0)

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

加藤進(かとうすすむ)

加藤進

Susumu Kato

  • アトム不動産 代表

カレンダー

2024年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

最新記事

最近のコメント

過去記事(月別)

お気に入りリンク